STAY
いつからだろう?

僕はこの街から離れられなくなっていた。

理由……考えてみれば簡単だった。

君がこの街から去っていったから。

待ち合わせも約束も出来ないから今もこの街にいるよ。

君が帰ってくるのをただ待ってる。

ふと風が吹き抜ける。

振り返るとそこには君がいた……そんな気がした。

大丈夫。

僕はいつまでもここにいるから。

君の帰る場所を用意して待ってるよ。

寂しくも暖かな風が再び吹き抜けた。


ここにしか吹かない風。

この風はあなたですか?

次はどこに吹きますか?

場所さえ分かればまた会いに行きます。

心地よい風を感じに行きたいです。

この風はあなたですか?

次はどこに吹きますか?

あなたの優しさを感じに行きたいです。

風が背中を押してくれます。

この風はあなたですよね?

次もこの場所で吹きますか?


一人静
色んな花がある。

都会でたくましく咲いている花。

田舎でひっそりと咲いている花。

どの花も咲き誇ればキレイな花となるだろう。

でも知っていてほしい。

都会では上手く生きていけない花の存在を。

田舎では咲き誇ることができない花の存在を。

花にも色んな花がある。

人も同じ。

みんな、輝ける場所があるはず。

もし今、あなたが輝けてないならそれは場所が合ってないから。

そしてふと思い出して欲しい。

輝けたその時、あなたの心の庭ではたくましく、そしてひっそりと花が咲いています。


泣いてもいいんだよ
泣かないって強さだと思いますか?

泣きたくても泣けない人はプライドが高いと思いますか?

素直に泣き叫んだ方が時に救いになることをあなたは知っていますか?

でもみんな、その素直にが出来ないんだよね。

それが普通だと思う。

プライドの高さとか関係なく、人は弱さを見せたくないものだと思うから。

でもその弱さをもしさらけ出してなお一緒になって泣いてくれる人がいたなら幸せだよね。

1人で泣くのもいいとは思うけど辛さもある。

1人でも相手がいても泣くことはとりあえずストレス発散にはなるけど……

世界は冷たすぎるから涙は凍ってしまう。

1人じゃ限界があるんだよ。

でも受け止めてくれる人がいたならその凍った涙は溶けて流れていく。

ほら、嫌なことも一緒に流れただろ?

時には自分に素直になってごらん。

まずは1人でいいよ。

泣く練習してみたら?

多分ね、一番のストレス発散方法だと思うんだ。

泣く行為ほど自分に素直になる行動ってないと思うから。

『ほら、泣いてもいいんだよ?』


選択の覚悟
人に決められた人生は何が楽しい?

確かに楽だよ。

人に指示された通りに生きるって物凄い楽。

でもきっと君はこう思うはず。

これでいいのかなって。

初めて君が自分で人生の選択をする時が来たね。

選択をするって凄い勇気がいることなんだよね。

でもその覚悟は大事。

自分の選択で自分の人生を歩みだしたら周りの声に惑わされないで今度は君はこう言うはずだよ。

『選ぶんじゃない、もう選んだんだよ』

ほら、君は歩き出した、自分の人生ってやつを。




Copyright © 蒼の世界-Ao no Sekai-. all rights reserved.