13thシングル~15thシングルまでのお気に入り歌詞
作詞活動、自分の歌詞好きなところ紹介企画最終回です。
今回は13th~15thシングルの全11曲を紹介します。


>追いかけた夢
これは本当に『自分』をさらけ出した歌詞になりました。
私ってこんな人間なんですとある漫画のキャラの心情に合わせて書いた歌詞です。

『「出来なかった」ではなく「やらなかった」 それを認めたくなかったんだ』

そんな中でもここは本当にそうだなっと。
私は出来ないことはやらない人生を歩んできました。
挑戦するなんて言葉、私の辞書にはありませんから。
そのある漫画のキャラの心情やセリフ、言葉が私の想いと重なって出来た歌詞となりました。


>そばにいたいだけ
何とも言い難い曲です(ぇ
とりあえず最後のセリフ部分は何回も作曲者様にも歌い手様にもリテイクを出して作り上げてもらった、非常に申し訳ないことになりました(汗

『雨が降ってる 溢れ出てくる 涙誤魔化してくれる』

ここの表現が個人的には好きかなって思ってます。
しかし長い歌詞ですね。
今まで何書いてきたんだってぐらいまとまってないなっと若干の悔やみが入る歌詞ですね……
ほんとこの曲も作曲、歌い手の両者様に救われました。



>Kiss
なんか口ずさみたくなるような曲調にしたいなって思って歌詞。
つまり歌詞としてはノープランでした(ぇ

『惚れてしまった弱みかな 心奪われ もう君しか考えられないんだ』

とりあえずノープラン歌詞であげるのはここです(言い方
それなりに人生重ねれば誰もが経験あるんじゃないですかね?
それを表現したかった感じです、ノープランのくせに(ぇ


>結末より大切な瞬間
書いた時に出来た感情、出来事に+某漫画の作者コメントが心に響いて出来た歌詞です。

『だけど愛して初めて知ってしまった 失う怖さを 失った時の辛さを』

これも1つ前のKissと一緒ですね。
誰もが経験あると思いますがそれを表現しました。
これをいい思い出にするか、忘れたい過去としたいのか。
それは時間が経つにつれて自分で消化していくんだと思います。



>辻の恋
単純に男女ツインのバラードを作りたくて書いた歌詞です。

『間違いは気づいたら直していける ボタンの掛け違いは気づいたら正せる いつか十字に重なる時が来るから』

ちょっと長いですがここですね。
辻を十字に交わる場所って意味でここを強調したかったので。
いくらでもやり直しがきくよって伝えたかったのもありますね。



>華よ咲き誇れ
これは男女ツインの掛け合う歌を作りたくて書いた歌詞です。

『咲き始めてた 2人で一緒に育てた 愛の結晶がそこにあった』

まぁ、最後ですがピックアップはここかなっと。
2人で1つの種を育て綺麗な花を咲かせるっていう展開の歌詞なのでこう終わってくれないとね(ぇ
これはイメージ曲を作曲者様のねぎとろさんが忠実に再現してくださったような曲調にもなり、それもまた良かったですね。


>指輪
男女ツインならまぁ、幸せな歌も欲しいかなって思って。
結婚式に~ってイメージで書きました。

『ロマンチックじゃないけれど ずっと2人で暮らしていたこの部屋で 愛がより深まった日だね』

またも長いですがここですかね。
私は非ロマンチックなので一緒に暮らしてる部屋とかで自然に言う方をきっと選ぶだろうなっていう超個人的観念が入った歌詞でもあります(マテ
作曲者様であるりみゆさんのピアノも聴き応えがあるかなって思います。



>ラストラブソング
まぁ、あれですね。
この手の歌詞は書いておかなきゃいけない感覚で書きました(ぇ

『変わらず元気ですか? 言えるわけがないよ』

超強調したいところ(笑
別れた相手をふと思い出してどうしてるかなって思ったことはありませんか?
でももう聞けない。
そんな感情を書いてみました。
自分がどうこうではありませんがここは気に入っています。


>七つの海を越えて
初の男性ツインの曲は疾走感あふれる歌詞にしたいと思って書きました。

『羅針盤を手放し 時には波任せで 行き着いた場所が 俺達の未来』

色々メッセージ性の強い歌詞にしたつもりですが自由を強調したかったこの歌詞においてそれを1番表してるのはここです。
私自身ではあんまり考えられないのでよくこの言葉が出たなって思います、はい。


>紫苑-シオン-
凄い未練の歌詞を書いたんですがこれは書き終えて、ダメだこれってなったんです。
良く書けたなとは思ったんですがあまりに大嫌いな未練がましい歌詞になってうなってたんですが作曲者のRiccoさんと初の3人歌唱、優さん、りのさん、花月さんに救われてむしろ今では大好きな曲となりました。

『追憶 想い馳せて いつかまた会えるよね』

この曲はもうここしかありません。
これを書きたくて歌詞を考えたので。
でも曲紹介にも書きましたが意味被ってるよって気づいてもスルーしてください。
なんかこう言葉の響きを大事にしたかったので。



>ミツケタ
ストーリー性のある歌詞になりましたが聴けば聴くほど好きになっていってます。

『辛いとき そばにいてくれた君(あなたの隣にいていいですか?) そんなの当たり前だよ ありがとう どういたしまして』

ここですね。
男女ツインでお互いに言い合うところがいいなって思いました。
この曲がイメージとなる物語を書ける日が来ることを自分のことながら切に願っております。


以上で1stから15thシングル、全48曲の好きな歌詞の部分紹介でした。

皆さんも改めてこれを見たら歌の方、聴いてもらえると嬉しいです。
色々ありましたが数多くの方のご協力のもとここまで活動出来ました。
感謝を忘れずにこれからも作れたらいいなって思ってます。

今後も私が思い描くメッセージ、歌を届けたいと思っているので期待しててください。

5回にわたってお付き合い頂き、ありがとうございました!


ではではノシ






Copyright © 蒼の世界-Ao no Sekai-. all rights reserved.