FC2ブログ
蒼の十字架35
「つまり、今は翠と繋がりが?」

「それは分からないが翠よりは銀の方がまだ関わってそうだし、情報を得て銀の手先として俺らの戦力とか様子見したかったんじゃねーかな?」

「じゃ、じゃあ……」

「もし、大したことないと思われたら攻められるなら翠のお見合い相手を連れて帰るときだろうな」

「翠の人に話した方がいいですよね?」

「それはお前とお偉いさんで決めてくれ。俺の仕事は護衛なもんでな」

これ以上は任せないでくれと言わんばかりに言い放ち、戻っていく。
情報もだがあの状態でもしハヤトがいなければあの時点で殺られてた可能性もあるため早くも色々、助けられてる以上、確かにハヤトに頼ってばかりもいられない。
ルイは気を引き締め直して号令をかけに戻った。



蒼の団体が翠に向かって再び動き出してからその場所に先ほどの男がいて蒼の団体の後ろ姿をもう一人と見ていた。

「あれならハヤト一人抑えれば余裕だぞ」

「そうね。ただ複数相手にした際のハヤトの方が厄介なのは分かってるでしょ?」

「そうなんだよなー。腕も衰えてなさそうだし……じゃあ様子見?」

「元々、そう言われてたでしょ。ワタシが来たのはアナタが勝手に仕掛けないように止めるためなんだからね」

「だったらミサがやれば良かったんじゃ?」

「蒼の護衛団にハヤトがいると聞いて確かめておきたいと志願したのは誰だったかしら?」

ミサという女性の言葉にグゥと言った感じで何も言えなくなったところでミサは男の頭を叩いて一言。

「さ、仕事するわよ」

「へいへい」

二人は風のように素早い動きでその場から消えるようにいなくなった。


プロ野球開幕!
オリックスらしいと言えばらしい開幕戦。

西が正直どうかなっと不安でしたがオープン戦通りのピッチング。
初の開幕投手に恥じないナイスピッチングでした!
流石はホークスキラー。
今年はキャリアハイ勝つのではないでしょうか?

でも初回の山足のプロ初ヒットのみの完封負けは流石に……
千賀相手とはいえね……千賀だって開幕いけるかって一時期なったのにまぁ、流石はってところですかね。
相性のいいTがいないのも地味に痛かったし、正尚の打球を中村晃の好プレーが大きかった。
本多、今宮の守備力も光ってたし、ホークスは打線や戦力層を言われますが守備力高いですよね。

出来れば今日勝って楽に田嶋にプロ初先発してほしかったですが……
開幕3連敗は正直、見慣れてますし(ぇ
スロースターターチームなので。
そこからエンジンがかかるかエンストするかって感じですので悲観はしてません。

西が良かった。
打線もここまでヒットが出なければ開き直れるでしょう。
全く打てなかったイメージでもないですし。

そして謎のファーム無双状態。
それもあってか今年はほんと楽しみなんですよね。

まぁ、ほんと始まったばっかりですが(苦笑


では!


ブログコラム第14回:人殺しと罵られた方がいい
ブログコラムと言いながら一応、ブログとはいえ何かがあって消えることもあるかもしれないのでバックアップとか取りたいですよね。
取る方法あるのかなっと思いつつブログコラム第14回です(ぇ
とりあえず、蒼の十字架は作品化するんで定期的にコピペしてますけど、大した量じゃないんで。
後はブログコラムぐらいは残したいなって思ってはいますがまぁ、その話はどうでもよくて。


今回のテーマは人の死についてです。
現実と作品、キャラのことを私なりの気持ちをいつか書きたいと思っていました。
すぐにどうなる……かどうかも良く分かりませんが祖母がまぁ、ほんとどうなるんだろうって状態になりましてもし万が一がありましたら親族関係で3年連続の不幸を迎えることになります。
そういう意味もあって前々から死というものに対して自分なりの考えというかそういうのは作品でキャラに反映させるうえで思っていることがありました。
いい機会かなと思い、今回少し(で済んだ試しはない)ですが書かせて頂きます。


興味がある方は例によって続きからご覧ください。


アドリブ第3、4巻!

届きました。

昨日、ギリギリで第1、2巻の全てを見終えました。

そして今日、3、4巻と……楽しめるのはいいですが……やっぱり月1本ずつの方が内容量的にも十分なんですが半年かかっちゃいますからね。

毎年やってますし、今年ももう発表されてますし。

というわけで来月発売までに何とか見ますよ!(笑

あ、明日、時間を作れたらちょっと真面目な話します。
多分、ブログコラムになるかと……
決めてませんが(ぇ


では!


話に聞いたので

マッサージに行ってるわけですがそこのほぼ担当してくれている方が声優さん好きで鳥さんと安元さんが昔来たことがあると写メのやつを聞いたので探しにパシャッとしてきました……ちょっと前に(苦笑

出すタイミングがなかったのですがネタもあんまりだったので今日、放出してみました。

まぁ、住んでる県がバレるわけですが別に隠してるわけでもなく、知ってる人は知ってるでしょうからいいんですがハッキリは言ってない……気がしてたんですがまぁ、どうでもいいですね(ぇ

後は今日とか今週、サイトに関して色々と水面下で執筆などスケジュールを組んだわけですが身内に色々とありまして、更にそれで親とも揉めている状態になりましたのでまた少々、どうなるか分からない状態です、すみません……

ブログ、ツイッター、蒼の十字架でまた繋いで早めに通常にやりますし、親と鉢合わせにならない時間帯を狙ってパソコンもやりますので。

去年からサイトの更新が本当にまともに出来ておらず、来てくださっている方には申し訳ありませんが……何回も言ってもはや説得力もないと思いますが取り返す時期を作りますので……引き続き蒼の世界をよろしくお願い致します!


では!


Truth~この手で守りたいモノ~、プロローグ公開
というわけで一応、新作です。

Truth~この手で守りたいモノ~。

Trunk Storyに入れてますがBranch Storyでもいいかなーっていう感じの作品です(マテ
でもHEAVENではメインとなる朝里鈴登場作品でもありますし、ジグパズがBranch Storyに入っているので同時間軸で朝里関係の話もあるのでTrunk Storyに入れました。
(まぁ、ぶっちゃけ近々、その分け方もなくなる可能性があるわけですが)

あえて連載開始とは書きません。
まだあくまで繋ぎのつもりでの公開なので。
ただ9話まで書いているのでそこそこストックはあることも考えると私の執筆次第ですが小出しにはいくかもしれません(ぇ

話としては比較的、Partnerに近いです。
鈴がいる分、朝里色が強いかもしれませんがPartnerの場合、小瀬がまんま関係者だったこともあるので
Partnerよりは野球メインです。
ただ割と現実的な問題だったり、私が割と今まで取り上げなかった描写や要素がありますかね。
ジグパズと同時期(山本憲吾ど同世代、つまりジグパズ2年目と同じ年)ということもあり、ジグパズのキャラも多少出てきます。
対戦相手とかはジグパズのキャラが出てきますね。
果たして白雲は出るのかっていうところはお楽しみにってことで(笑


ではではノシ





新相棒!

まずは一言……これからよろしく!


拍手もありがとうございます!

ツイッターでちょっと試したり、色々やろうかなって感じですのでツイッターやられてる方はこれを機会に私と絡んでもらえれば嬉しいです。

後は何もなければ明日、更新します。
流石に前言ってたのはまだ書けてはいないのですがだから何もこのまま更新しないのは……っと思ったので連載という形にはなりませんが水面下に置いてあったいわゆるストックを出します。


では!


時代の流れ
転院したので今はもうお会いしてないのですが今月いっぱいで前の病院のスタッフの方が辞められるということを聞きまして。

車の話ではないですがそれこそその病院、スタッフの皆さんと10年近くお世話になりましたのでせめて電話でぐらい挨拶したいと思い一昨日からかけているのですがタイミングが合わずにまだ出来ておらず……

今、ちょっとマッサージ待ち時間中にブログ書いてるのですがマッサージ終わったら電話してみる予定です。

もちろん、今まで10年近くもそこにお世話になっていたので辞められたスタッフの方々もいますし、転院した理由も一番は主治医が大嫌いだからなのですが親身になってくださっていたスタッフが辞められたので転院したって言うのもあります。

だからもうそこの病院に対してどうこうって気持ちは正直ないのですが辞められる方は私が通院した頃からいたスタッフの方なのでやっぱり挨拶はしときたいなって。
若いスタッフが入ってきてその方にやっていた仕事を教えていたのでいずれ引き継がせるつもりなんだろうなって思ってましたけどね。

自身の年齢も上がっていくので仕方のないことですがお世話になった方々が辞められていくのは寂しいですね。

ちなみに4月から新しい職場を選んだ理由が先ほど転院理由に書いた方の影響です。
前から興味はあり、やってみたいと思ってましたがその方と話して自分も少しは携わってみたいと思いまして。

さぁ、無事、電話が出来たかはツイッターにて(ぇ


ありがとう10年間!

免許をとってから丸10年、お世話になったラピュタと恐らく、早くて明日、遅くても日曜日にはお別れになり、新車が来ます。
というか車屋には来てました(笑
後は車検と整備をしてってところでしょう。

3月に免許をとったので本当に丸10年です。
※計算して年齢を出そうとするのはやめてください(マテ
別に隠してはいないですし、何歳で免許とったとは言ってないですが。
まぁ、過去の記事を見れば分かるわけですが(ぇ
というのは冗談ですよ。


とにかく、新車が来るのは楽しみな反面……基本的に新しいことを取り入れたりするのが苦手なタイプなので慣れたものを手離すのは嫌ですね。

言えることはただ1つですが……
初めて手にする自分のお金の札束にテンション上がって恒例(?)の扇いだりはしました(ぇ
親のお金では見たりはしましたが自分のって思うと一味違いますね(笑

そして今日、今の職場最後の出勤です。

土日に納車になれば新車で新しい職場に行くことになるんですね。
働くのは4月からではありますが来週から行くので……
ある意味、本当に新しい感覚になりますね。


ラピュタ、10年間ありがとね!


諸々の感想(若干のネタバレ込み)
ネタバレ控えめに行きますがそれはこれからやねんって方は見ないでください。


・あひるの空、第49巻
妙院戦の終わり。
菖蒲が千秋メインだったため、今回は割とモキチを中心に他の選手を取り上げるような感じでしたがそこを手助けではないですが実力を発揮させるのがやはり千秋でしたね。
やっぱりそういう意味では千秋はPG気質なんですよね。
大栄戦は鷹山のこともあるし、千秋がPGになることはないでしょう。
マッチアップがどう考えても白石だし。
まぁ、PFだから似たようなことはするでしょうし、パスはこっちが上だ、みたいなのを見せてほしいですね。

妙院戦に戻ってレオと空の差はまさにそこかなっと。
一片を求め続けたレオに対して千秋を得ていた空。
最後に外したレオと決めた空。
そこが文字通り、勝負を決めたと思います。

後はトビが活躍するキャラ過ぎたのか菖蒲も妙院も肝心なところでいないか活躍しないという残念な試合が続いているのですが……
いや、活躍はしてる。
きっと数字上も途中、途中で決めている。
だがインパクトがない。

大栄戦はヒョウとやるだろうけど大栄の戦力層とトビの状態的にフルではないだろうけど4ゴールぐらい連続で決めるぐらいの無双を大栄相手にやってほしいですね。

結果は分かってるわけですが多分、主力5人の良いところは必ず見せてくれると思っているので。


・宮野さんライブ
とりあえず本編のみですが……
映像コント(コントでいいのかな?)は過去最高傑作。
映像になってからいわゆるチームマモでコントしてなかったからやって欲しかったんですよね。
今回のは……いや、今回も面白かった。
あえてしゅんりーを入れなかったのはあくまでチームマモでやるという表れだったんですかね。

ただちょっとMCが少ないというか短い印象……なまじ歌を知ってる分、宮野さんのライブに限ってはMCを期待してるんですが(ぇ

ただディスク2の特典に座談会が多く入ってるのでそちらに期待です。

後はいつもの声出しを木原さんがやってたがここではって言い方をしてたのでもしかして各地で違う人がやった……!?
だーまえや佐野さんとかももしかして!?
宮野さんのライブは相変わらずディスク2が楽しみ(ん?
まぁ、全部木原さんだったとしてもそれはそれで楽しいが(ぇ
でもキクさんが懐かしいな……


・アドリブ第1巻
てらそまさん最強説(ぇ
夜が特にヤバかったけど昼のいきなりもなかなかやってくれましたね(笑

鈴さんもやっぱりいち出演者の方が活きますね。
3人で鈴さんが同じ役をずっとやった年がありましたが何かあれは鈴さんが楽しそうに見えなかったので(ぇ


・アドリブ第2巻
鳥さんが意外とはっちゃけていた。
テイフェスでよく見る鳥さんだったので基本的に鳥さんはああなんだとちょっと安心(笑

個人的にはどっちかというと昼でしたが夜も面白かった。
ただ夜の方が展開的に縛りが強かった気がするかなっと。
昼が鳥さんの素での役者感が出てたので(笑

後は1巻もだけど彩ドリブの存在感が半端ないです。
アドリブはあくまで声優さん2人(ないし3人)が紡ぐ90分ってイメージしかなくて少しどうなるか不安だったんですが邪魔ではなく(言い方)、むしろ面白くし過ぎ。

鈴さんがアドリブを本当に舞台として作り上げようとしてるのではないかと思います。
……いや、舞台なんですけどね(マテ


後はもう少しで閃の軌跡Ⅲが終わるのではないかというところまで来ました。
こっからが長いのが軌跡だと分かってますけどね(ぇ

一応、大きく見積もって4月クリアを目標に……
いや、4月が一番忙しいと予想はされますがね(苦笑


では!


蒼の十字架34
「お前は何者だ?一体、何が目的なんだ?」

男は足を止めることはなかったがルイの問いかけには答えた。

「そこの男に聞けば?」

男は手を上げ左右に振り、笑いながら立ち去った。
ハヤト以外は何が起こったのか整理がつかない状態だった。
ルイも同様だったがまずは再出発の準備の指示を出した。
そして男に言われたからではないが明らかに知り合いのようなのでハヤトに男のことを聞いてみる。

「あーあ……やっぱり知りたいか?」

聞くな、という嫌そうな空気……どころか完全に面倒くさそうな顔をしているがこんなことがあっては聞かないわけにはいかない。

「俺でも分かります。あの男がどのぐらいの実力なのか……あの男との関係は一体……?」

「昔馴染み」

「……えっと、それだけですか?」

「関係を聞いたのはそっちだろ」

一つずつ聞かないと答えない気か、この人は……と察したルイはちょっと挑発してみた。

「まぁ、聞いていっても構いませんが面倒じゃありませんか?ハヤトさん的にも一気に話した方が楽だと思いますが?」

ルイの挑発にハヤトはため息をついて観念したようだ。

「具体的に何が聞きたいんだ?」

「ではハヤトさんとの関係性とあの者の正体などの情報を主にお願いします」

ハヤトは団体から少し離れるように歩き出し、ルイを手招きで呼ぶ。
ルイは素直に従った。
恐らく他の人とかおおっぴらに言いたくはないからだろう。

「あの男の名前はナバツ。俺が昔いたところで下についてた……まぁ、今のお前のような存在だ」

「昔いたところ?」

そういやハヤトの出身とか詳しくは知らないなっと改めて思った。
ハヤトは突如、城の兵士を希望してきて実力試験で圧倒的な強さを見せたから採用されたと聞く。
もちろん、上の者や来た頃を知ってる人ならルイよりは事情を知ってるのかもしれないが。

「さっきの様子だとアイツも今は別の場所にいるみたいだがな」

「と言いますと?」

「まぁ、言い方がそうだったからっていう俺の感覚でしかないんだが二つ、俺の中で引っかかっててね」

「具体的に聞いてもいいですか?」

「一つは銀が独自開発していたガンソードを持っていたこと。あれは俺が知る限り、まだ出回るほどの数も質もなかったはずだ」

「えっ……?一部の戦闘部族ってやつが使ってるんじゃ?」

「試作品みたいなやつな。だがアイツが持ってたのは恐らく完成品だ。見た目以上にあれ、厄介なんだよ。だから一度、手にしたことがあるやつは違いがすぐに分かる」

一度、手にしたって辺りも詳しく聞きたかったが我慢してもう一つの理由を聞く。

「では後、一つは?」

「ここで俺らを見張ってたこと」

聞くばかりだったルイがここでようやく頭が動き出したか、それは確かに違和感を感じた。
なぜなら自分たちがこの数の兵士で何の目的で動いているかは極秘。
蒼でも当事者の兵士以外はサクやナオナリなど上級の者しか知らないはず。


宮野さんライブ!

さぁ……見るしかない!

やらなきゃいけないこと(主に執筆など)は見た後に後日、取り返す!(と言って取り返した試しがない)

……いや、今日だけは許してください。
明日、休みじゃないんです(苦笑

昨日、今日とまた拍手(ブログにも)ありがとうございます!

やっぱり野球ネタは強いんですかね?

開幕したら書いていきますよ!

……主にオリックスになるのはお察しの通りですが(マテ

あ、今日、車買うお金をおろして来ました。
窓口でおろすのは初めてで若干、戸惑いましたが……間違えましたし(苦笑

金額は一応、言いませんがこの金額ならATMでも大丈夫ですよと最後に言われたのですが……おろせる上限をもっと下に思ってたのはありますがこの金額をATMでおろす気になれないんですがね(汗
10万ぐらいまでならATMでもいいとは思いますがこれは小心者の考えですかね?(苦笑


では!


今週の色々
まず明日、宮野さんのライブBDのフラゲ日!
見るタイミングが若干ないので何とか作らないとなっと。
アドリブもまだ全部見てないのにもう来週には3、4巻発売だし……

新車が今週、納車になります。
丸10年乗った今の車とは後、1週間の付き合いになります。
本当にお世話になりましたね。
最初の車としては最高の車でした。

今週の金曜日で今の職場を退職します。
そして来週に新しい職場の準備や挨拶など仕事はまだしませんが下準備的な感じになりますね。

そして昨日、拍手が凄い量来たんですが……えっと昨日、何かしましたっけ?(マテ
でも何より嬉しかったのがあると知ってからつけたチェックするだけでそのコメントを送れる機能が初めて使って頂けたことですね。
しかも久しぶりに来られた方だったみたいなのでまだ蒼の世界を忘れずに見に来てくれたんだと感激しました。

本当に刺激を受けて頑張れております!

さぁ、皆さんも色々あるかと思いますが今週も頑張っていきまっしょい!


夢オーダー、パリーグ編
昨日のやつのパリーグ編です。


>ホークス
1:今宮・ショート
2:中村・レフト
3:内川・ファースト
4:柳田・センター
5:デスパイネ・DH
6:松田・サード
7:上林・ライト
8:甲斐・キャッチャー
9:明石・セカンド

ケガとかひとまず置いといてというのが今回のコンセプトではありますが明石の体調を考慮して……ぶっちゃけホークスのセカンドは誰が入っても遜色ないですし。
この2人で1、2番を組むなら逆じゃないかって思われる方もいると思いますが何となくこの並びで長嶋監督時代の仁志、清水を察するなら同世代です(ぇ
今宮の方が盗塁に関しては上手いらしく、また中村は何でも出来る上に出塁率が高い。
今宮が仮に出れなくても中村が出れば後はクリンナップが勝手にやるでしょう(ぇ
後はそのクリンナップ。
並びは正直悩みました。
誰がどこでもいい気がするので。
ただ私の中で4番内川はやっぱり合わないなってずっと思っていたので3番に。
でも打席が多く回り、盗塁をすることを考えると後ろがデスパイネよりは内川の方が柳田はやりやすいとは思います。
ただ、3番デスパイネで5番内川……いや、ありかもな(ぇ
柳田には4番としてって気持ちがあったのでこうしましたがほんとここの並びはいい意味でどうでもいいと改めて思いました。


>西武
1:秋山・センター
2:源田・ショート
3:浅村・セカンド
4:山川・ファースト
5:メヒア・DH
6:森・キャッチャー
7:中村・サード
8:外崎・ライト
9:金子侑・レフト

お、恐ろしい……(ぇ
別に無理して森をキャッチャーにせずに炭谷でも破壊力抜群の打線ですね。
個人的には森、メヒア、中村の間に外崎と金子を挟みたいんですがそれは流石にメヒアと中村の実績を考えて自重しました。
夢オーダーのくせに(ぇ


>楽天
1:茂木・ショート
2:島内・レフト
3:ペゲーロ・ライト
4:ウィーラー・サード
5:銀次・セカンド
6:内田・ファースト
7:岡島・キャッチャー
8:アマダー・DH
9:田中・センター

まぁ、岡島のキャッチャーは本当に夢オーダーですがアマダー外してペゲーロをDHにすればいいだけなので(ぇ
アマダーの意外性は個人的には使いたいですがここに来て内田が伸びてきてるのでアマダー並みにまずなれれば他の外国人や投手に割けるので内田の成長がかなりチームを変えると思います。
後、2番ペゲーロは好きなんですが島内でも同じような役割出来そうですし、茂木も盗塁しやすいかなっと……出来るならですが(マテ


>日ハム
1:西川・センター
2:松本・セカンド
3:近藤・キャッチャー
4:中田・DH
5:レアード・サード
6:アルシア・レフト
7:大田・ライト
8:横尾・ファースト
9:石井一・ショート

ショートは平沼でもOKで悪いですが中島はもういいかなっと。
松本のセカンドは希望ですが無理なら横尾でもいいし、横尾も無理なら石井一と平沼の二遊間かなっと。
田中賢ももう世代交代ですかね。
アルシアは一応、入れましたが森山とかキャッチャーも清水がいいみたいですから近藤を外野にしてもいいですし本当に若手が伸びるチームですね。
清宮にも期待したいです。

>ロッテ
1:荻野・ライト
2:加藤・センター
3:中村・セカンド
4:井上・ファースト
5:角中・レフト
6:鈴木・サード
7:ドミンゲス・DH
8:田村・キャッチャー
9:平沢・ショート


中日と一緒で情報が……(マテ
ただ中村がいいみたいなので今年、20・20を期待したいですね。
後はショートの固定と安田が将来、伸びるかどうかに期待しましょう。
ルーキーとか結構、ノビノビとオープン戦でやってるみたいですし。


>オリックス
1:宗・センター
2:山足・セカンド
3:吉田正・レフト
4:ロメロ・ライト
5:マレーロ・DH
6:T‐岡田・ファースト
7:中島・サード
8:伊藤・キャッチャー
9:安達・ショート


サードは小谷野でもいいんですが代打で結果を出してくれそうなのは小谷野かなって……まぁ、状態みて使ってほしいです。
セカンドは現状では山足。
……夢オーダーとかいいながらオリックスだけガチで考えるという。
だから最後にしたわけですが(マテ
山足が意外に打ってくれてるおかげで安達を9番に置けるわけですが若月がキャッチャーならちょっと……ってなるのでその場合、打線の組み替えは必要ですかね。
後は外野で使いたい人材が多いので山田、浅村路線で宗のセカンドは無理なのかなって思っちゃいますね。
山足がショート出来そうですし、そうすれば武田、宮崎、根本、杉本、一応の駿太(マテ
とか使えるんで。
まぁ、3番以降が普通にやってくれれば得点はしてくれると思うので宗と投手陣の頑張りに今年は期待しましょう。


2日間お付き合い、ありがとうございました。
開幕まで残り、2週間……楽しみに待っていましょう。


では!


夢オーダー、セリーグ編
開幕予想……ではなく、現在の所属選手での私の希望というかこんなオーダーならいいなっていうのを12球団書いてみたいなって前から思ってたので今日はセリーグを(ぇ
期待値込みの現実味のないただの願望オーダーなのでそのチームのファンの方は石を投げないでください(ぇ

なお、今回のセリーグ編でのピッチャーは省略します。

>広島
1:田中・ショート
2:菊池・セカンド
3:丸・センター
4:鈴木・ライト
5:松山・レフト
6:安部・サード
7:エルドレッド・ファースト
8:會澤・キャッチャー

……まぁ、普通といえば普通(苦笑
キャッチャーのところ、坂倉って書きたかったですが會澤も出てきたところなのでまだ會澤かなっと。
ファースト、レフトは新井さんや育成上がり外国人の二人次第でも代えていけるので層は厚いですね。
サードも西川とかいますし。
強いて言うなら二遊間の控えが弱い気もしますが二遊間でそんなに代えがいられたらおかしいので(ぇ
基本的に全盛期が来てるメンツがレギュラーなのでいじりようがなかったです(苦笑


>阪神
1:上本・セカンド
2:糸原・ショート
3:糸井・ライト
4:ロサリオ・ファースト
5:福留・レフト
6:大山・サード
7:中谷・センター
8:原口・キャッチャー

本当は福留を代打にまわして2番に高山を入れたかったんですが5番を打てる選手がいなかったです(ぇ
メンツを見ても発展途上な感じですかね。
鳥谷のセカンドはいいと思って2番に起きたかったんですがそうすると1番がいなくて……
いや、2番の糸原も出来れば6か7に置いて打たせたいですし。
下位が右だらけなので(苦笑
赤星二世と名高い島田が1番に入れば良さげですね。
上位が左3人になりますが上本に2番やらせればいいかってなりますし。
ただ福留と違って鳥谷が代打は切り札になるのかってちょっと感じてしまいますが……立浪のような存在になればいいのかなっと。
阪神は5番打者の育成がカギですかね。
あ、キャッチャーは個人的には打てる人優先なので(ぇ


>横浜
1:桑原・センター
2:大和・ショート
3:ロペス・ファースト
4:筒香・レフト
5:宮崎・サード
6:梶谷・ライト
7:戸柱・キャッチャー
8:ピッチャー
9:倉本・セカンド

……ごめんなさい(マテ
いや、細川とか入れたかったんですが今の横浜を見るとこれがベストかなって思います。
キャッチャーは誰がいいのか悩みましたが……
大和と倉本ですがやっぱり大和にショートをやらせたいってことで。
桑原、梶谷は個人的にはまだフルで使うレギュラーな感じは受けてないので神里とかも出てきてほしいですね。
桑原もいいんですが1番ならもう少し率上げてねって感じで(ぇ
……梶谷にもっといいたいですが(マテ
9番倉本は嫌いじゃないので継続。
ただそのためにも1番、6番が頑張らなきゃいけませんね。
筒香の3番説に関しては○○の部屋で触れてますのでそちらで。


>巨人
1:若林・センター
2:吉川尚・セカンド
3:坂本勇・ショート
4:マギー・サード
5:ゲレーロ・レフト
6:阿部・ファースト
7:長野・ライト
8:小林・キャッチャー

岡本をライトに置きたかったんですが守ったと聞いたことがないので流石に自重しました。
キャッチャーはとりあえず小林にしましたが宇佐見、大城がいいバッティングをしてるみたいなので期待したいです。
センターの若林はなんかやってたので(ぇ
陽は長野と調子をみて代えたらいいと思います。
2人の同時起用は今の段階ではないですかね……
坂本の1番は反対はしませんがゲレーロの3番は個人的に反対なのでこうしました(ぇ
それならマギーが3番の方がいいかなっと。
阿部さんは……他のポジションでも左がいなかったので入れましたがやっぱりゲレーロより左打者で岡本我慢起用が理想だった気が……
そんなに左右にこだわる私がおかしいのかな?


>中日
1:大島・センター
2:京田・ショート
3:モヤ・ライト
4:福田・サード
5:ビシエド・ファースト
6:高橋周・セカンド
7:遠藤・レフト
8:大野奨・キャッチャー

申し訳ないことに今年の中日の情報がないので……(マテ
新外国人の2人もどっちがいいのか分からないですが使われてるのを見るのはモヤだったので……違ったらすみません(マテ
福田かビシエドがレフトの高橋サードで亀澤をセカンドで使いたいのが本音ですがビシエドのレフトの守備力が疑問なのと(守ってはいますが)福田が今年はサード頑張ってるみたいなのでこれで。
うちの駿太と違って高橋はまだ期待したい(ん?
ちなみに平田はどうなんですか?(聞くな


>ヤクルト
1:山田哲・セカンド
2:坂口・ファースト
3:青木・センター
4:バレンティン・レフト
5:雄平・ライト
6:廣岡・ショート
7:藤井・サード
8:中村・キャッチャー


2番のぐっちーがしっくり来ませんし、青木の2番の方が合ってる気がしますがぐっちーの3番もしっくり来ない(マテ
やっぱりぐっちーは1番なのですが山田の盗塁力を生かしたいので1番に置きたくて。
ビッキーを当然入れたいですが廣岡と藤井の成長に期待して今回はケガの多いビッキーと川端を外しました。
ハタケはぐっちーを使いたいのもありますが(ぇ
ただバレンティンと雄平まで外すとスタメンが組めないので……ケガ人多いな!(かなりマテ


まぁ、そんな感じで夢オーダーでした。
明日、パリーグ編の予定です。
ファンの方は特にどう思ってるのか知りたいので良かったらコメントくださいな。


では!


○○の部屋、過去・第21回公開
……○○の部屋ばっかり更新で申し訳ありません(汗

いや、どっかの記事で書いてますが作品も書いてますが久々ということもあり、SSといえば試合なので試合を書く感覚を取り戻そうと書いているのですが……まぁ、私が試合を書けばそりゃ長くなるわけで(帰れ
もう少しお待ちください(汗

今月何とか1本上げたいと思っておりますので。
(それかRestartを2話書き上げてアイさんに提出……っていうのは絶対にやりたいのでその関係上、アップできないかもしれませんがOKが出れば間隔空けずに更新できます)

というわけで今回の○○の部屋はサイトコラムでは散々ネタにしてきたデータぶっ飛ばし事件の作品、モノクロの世界についてです。

私の中での3大タイトルが『Melody~運命の螺旋~』、『memory~ぼくの記憶を探してます~』、そして『HEAVEM~ao no sekai~』です。

しかし、その3大タイトルの前にやっぱり何かが起きないと事が始まりません。

『死が二人を分かつまで』と今回、紹介させてもらった、『モノクロの世界』fがそれにあたります。

○○の部屋でも書きましたが基本的に連載系作品は同じキャラに主人公をやらせることは今のところありません。
ですが唯一、主人公を2回やるのが前崎翔斗です。

だからこそ、モノクロの世界はデータを飛ばそうが何しようが諦めずに設定を練り直して書かなければいけないとちまちまと復旧と再考を重ねていよいよ連載手前まで来ましたので今回、紹介という形をとりました。

話数的にはそれほど長くはならないでしょうけどヒトナツシリーズで作られた朝里の闇、それが現代へと繋がり始まる作品がモノクロの世界となります。

故に内容が薄かろうが何だろうが重要な作品となります。
(内容が薄かったら問題なのですがあまり大きなことも言えないので……)


で、これも前に書いたかもしれませんが諸事情で○○の部屋を書かなきゃ展開になっているので今年はちょっとお付き合い願えたら幸いです。
SS作品も並行でしっかりやりますのでおろそかになってると感じたら○○の部屋は止めてもきちんと執筆はしますのでご安心を。


ではではノシ




オリックスの期待と不安
今年のオリックスは……っと何度、この時期に言ってきたか分からないですが少なくてもこのブログ自体、11年やってきてるので10回は……流石に言ってはいないとは思いますが(苦笑

まずいい点。

宗がついに開花の年になるか?
とりあえず、開幕の1番センターは当確でしょう。
宗が外野にまわることでただでさえ狭い外野枠が埋まり、内野が手薄にはなるのですがそれ以上に課題だった1番が決まるなら良しとしましょう。
福良監督はあまり武田を好きじゃないのか、調子が上がらないのか……使わないのでね。
まぁ、貴重な右だし宗次第では控え1番手ではあるのは間違いないでしょう。
後は宮崎や杉本、根本とか外野では使ってほしい選手が多いだけに宗の外野転向はやっぱりまだ複雑ではありますがね。
……ロメロ、マジでサード出来ないかな(マテ

後は山足がいいですね。
宗と共にいいと言えるのは走れること。
ここでの走れるはもう最近、諦めかけてた盗塁が出来ることですね。
福良さんは大城推しですが開幕セカンドは山足がいいのではないでしょうか?

光もバッティングが目立ってます。
……開幕が恐らく西なので若月でしょうけど(汗
まぁ、今年は力を発揮してオリックスに伊藤光ありを見せつけて欲しいですね。

悪い点。

投手……

西、山岡、ディクはいい調整をしてます。
アルバースもなかなかやるんじゃないでしょうか?
千尋は……何とかするでしょう(ぇ
田嶋はルーキーなのでまだ何とも言えませんが社卒ドラ1ですし、使わなきゃってこともあるでしょう。
左ですしね。

と言うことで開幕ローテはこの6人で決まりでしょう。

じゃあ何が悪い点かというと中継ぎです。

オープン戦、オリックスらしくないほど点をいい感じで取ってるのに近年、あまり見なかった取られてはいけないイニングや展開で失点して負けており、勝てていません。

オープン戦で勝てなくてもという言葉もありますが勝つことを知らないチームはまず勝つことを知らなきゃダメなんです。

そういう意味では中継ぎが不安要素ですね。

黒木、近藤を中心にしたいのは分かりますがここら辺は柔軟に対応してほしいです。

二人とも速球派でクローザーの増井も本格派だけに左と技巧派がカギも握ると思います。

なので比嘉の復活と大山の更なる躍進に期待ですかね。

中継ぎのメンツが若くなってる分、経験がモノを言うポジションだけに岸田様の役割も重要になると思いますし、多少の失点や失敗はそれこそ今のうちにやっといてほしいですね。

そんなオリックスのオープン戦始まってからの印象です。
……公式サイトのテキストレポートやイニング得点映像とかでの判断ですがね(苦笑


ホークスがちょっとケガ人が目立ってるようですがあの戦力ですし、勝つことを知ってるチームなのでやはり優勝1番手。

そして天敵の西武が怖いですね。
対戦成績的(サスのイメージです)にホークスより勝ててない印象なので……

まだオープン戦も半分ぐらいありますし、何より開幕していませんしね。

昨年の4月天国から5月一気に転落してから一向に上がれない展開だけはやめてほしいです。


では!


ホワイトデー
今朝まで忘れてました……(._.)

何気に痛い出費……(マテ

家族や友人、勤め先とか付き合いがあるとやっぱりやらなきゃいけませんからね。

特に勤め先ではお世話になりましたって意味合いもあるのできちんと……ん?
いや、別途でちゃんとそれはやったな(ぇ

まぁ、とにかく昼休みにあらゆる店を回って購入したりしたので今日はほぼ昼抜きです(苦笑
こういう時は運転しながら食べられるおにぎりとかいいですね。

……コンビニで買えばとか思った方

今朝!

ホワイトデーと知った私の財布にさぁ、どれだけの金額が入ってたと思いますか?(マテ

いや、普段はこういう不測の事態のために家に置いてるお金はありますが来週、宮野さんのライブとその翌週のAD-LIVE分しかなかったんですよ。

その理由は簡単です。

車を一括で買うから今月から数ヶ月分はその車代と一緒にまとめて引き出そうとしていたので最低限しかなくて……

そんで地味に昼休みのATMって混むもんなんですよ。
コンビニは手数料かかるし(マテ
そもそも昼休みだから時間ないし……

まぁ、結局は宮野さん分を持っていっては行きましたがそれで割とギリギリで時間的にも昼食べてる余裕もなかったわけですよ(@_@)
とりあえず言えることは……お金、おろさなきゃ(ぇ


では!


少しは意味があったと思いたい
11日の記事を書いてから拍手、ブログ拍手を送ってもらったり、Twitterでいいねを押して頂き、少しは書いた意味があったかなっと安堵しております。

辺境の地でやってる身なので影響力など皆無なのは分かっておりますが、でも拍手などをもらえるのはやっぱり見てくださってる方がいると分かるから嬉しいです。

もっとしっかりとサイトの更新もしていかないといけないなっと……
水面下でいくら頑張っていたって公開しなければ意味がありませんからね(汗


では!


蒼の十字架33
「なんだ、あれ……?」

ルイが思わず呟いたが剣のような刃がついているが先端は穴が空いており、手元に銃の引き金が見える。

「ガンソード。簡単に言えば剣と銃が合わさった武器だ」

本当に簡単な説明だなと言いたかったが言える状況下ではないので思いもしなかったが違うことを疑問に思った。

「あんな武器、見たことないですよ?」

「それこそ銀が先端技術とやらで作った武器だ。だが大量生産が出来ず、また扱いも難しいため、一部の戦闘部族しか使ってない代物だ」

「その戦闘部族って猟兵ってやつですか?」

「猟兵も確かに当てはまるがアイツは違う。今は知らんが昔は……」

ハヤトが言葉を続けようとしたところで男は弾丸をハヤトの足元に撃った。

「かわいい部下ならあんまり教えない方がいいんでないかい?」

戦う気がないとハヤトが言ってたから若干、気を抜いてしまっていたため発砲にルイは動揺した。
この辺はまだ若さが垣間見る。

「お前の目的は?」

ハヤトが単刀直入に男に聞く。

「分からないか?」

「いや、分かるけど悪いが任せられた以上、仕事はするけど?」

二人の気配を汲んだルイは今の状況の中で冷静さを保とうとして考えた。
だが一番最初に浮かんだのが戦う気満々ではないか、だった。

「やめとけ、やめとけ。お前が俺に勝てるわけねーだろ」

「それは前の話だろ?蒼で怠けて明らかに実戦不足の今のお前に劣ってるとは思えないが?」

「ま、試すのも悪くはないか?」

もう戦う以外、選択肢がない気がしてならないルイは腰につけている剣を抜こうとした。
だがハヤトは手でそれを制する。

「ハヤトさん……?」

「だいじょぶ」

ハヤトの言葉を聞いてから男は武器をしまった。

「ここでお前と戦ってもメリットがないからな。退いてやるよ」

「素直に勝てないからって言えや」

「今は違う。それを後で証明してやるよ」

男は何の警戒もせず背を向ける。
その男にルイは話しかけた。


あの日から7年
もう7年……まだ7年……

メディアでも色々とこの時期になれば取り上げます。

風化させない意味ではいいでしょう。

ただ被災者にとってこの日が特別なのかといえば違うとは思います。

まだまだ日々を暮らしていく中で復興なんて名ばかり。
普通に暮らしている人たちが苦労してないという言い方をするわけではないですが不自由に被災前のように当たり前だった日常……働けないし、暮らしていけない……そんな苦労を今も続けていることでしょう。

でもそんな被災者の方々に対して応援するのも励ますのも何か違う、そう思うのです。
頑張ってる人に頑張れと言うのはおかしいと言う意見もありますが私は頑張れという側の人は頑張ってる人にもっとって発破をかける意味ではなく、そのままでいいよ、とか無理せずに、という意味で言うのだと思いますし、少なくても私はそういう思いで使います。

頑張ってない人に頑張れと言ったって……やりませんから(苦笑

ただ被災者の方にポジティブな発言を闇雲に発していいのか……結構、考えるんですよね。

だから私は4月から新しい環境下で働く決意をしました。
それは私がやりたかったことにもなるし、被災者の方や震災に対してほんのちょっとでも繋がると思ったからです。

こうして東北の地から発信してる身として皆さんに言いたいのは何もしなくていいです。
ただ忘れないでほしい。
なお、苦しんでる人がいることを……
まだ震災は終わってないんだと。

私はそれだけでいいと思います。

自分の身近に起きたことに対して人はどうしても現実のことと考えづらいですから。
でも
『震災があった』
これぐらい、思い出すことは出来ますよね?

今日ぐらいは7年前に起きた出来事を思い出して、ちょっとだけ目を瞑ってもらえたら……
それだけでもいいのかなって思います。

もう7年……まだ7年……

どんな想いで7年間を過ごしてきたのか、聞きづらいですが可能な限り、地元の人に聞いてきたいと思います。


では皆さんにちょっとでも東北の地で起きた震災を思い出すキッカケになる記事になればと思ってます。


蒼の十字架32
あくびをして明後日の方を見るハヤト。
全くこの人は……っと思った矢先だった。
手元が見えない速さでハヤトが小さめの刃物を飛ばした。
ルイは即座に全体に止まるように号令を出す。

「さすがはルイ。いい判断だ」

「ハヤトさん、どうしたんですか?」

言う前に指示を出したルイを褒めながらもハヤトは自らが刃物を投げた方を鋭い目付きで見ていた。
その表情からルイも一気に集中力を高めて同じ方向に意識を向ける。
今、ハヤトに話しかけたらハヤトの足を引っ張る。
そう察したルイは馬車に乗っているお偉いさんたちを守ることに徹することにした。

「隠れてやり過ごそうって言うのはらしくねぇだろ?出てこいよ」

ほんの数刻、沈黙だったが痺れを切らしたハヤトが言葉を発した。

「敏心の名は衰えてないようだな、ハヤト」

「テメェの気配なんて感じようとしなくても嫌でも分かっちまうんだよ」

正体がバレたと堪忍したのか隠れてた人物が目の前に現れた。
どうやらハヤトとは面識があるようだ。
ルイは兵士たちに陣を組み、馬車を守るのと援護に回れるように指示を出してハヤトの少し後ろまで近寄った。

「ルイ、援護はいい」

「えっ?」

「どうせ戦う気なんてないだろうからな」

ハヤトの言葉はルイに対してと言うよりは現れた人物、男に向けられたようだった。
しかし、その言葉に反して男は武器を取り出した。


前人未到の大記録へ!
○○の部屋、第20回を見てくださった方はご存知かと思いますが忘れた方は思い出すか見直してください(ぇ

私が現役のプロ野球選手で1番好きなピッチャーが上原浩治なのです。

その上原が巨人入り、つまり日本球界に復帰が決まりました!

イチローが同じく、マリナーズに決まり、まぁ、オリファン的には少し残念な想いもありますがメジャーでまだまだ頑張ってほしいですね。

さて、話は戻して上原投手なんですが今、上原が前人未到の記録に迫っていることをご存知でしょうか?

○○の部屋、未来・第6回で100勝100セーブ100ホールドを達成した投手はいるのか、という話をしました。

その時の私はそんなピッチャーいるはずがないし、この先、打率4割とかより難しいだろ……程度の軽い気持ちで書きました。

ですが上原は日米通算ながら100勝100セーブはすでに達成済み。
100ホールドに至っては後、10個で達成するのです。

二刀流で二桁勝利&二桁ホームランも将来現れるとブログで書いてから数年後、大谷が出てきました。

『事実は小説より奇なり』

サイトを開き、物書きをするようになってからリアルの野球と共に歩んできました。

王さんのシーズンホームラン記録も破られました。

田中将大が24勝で負けなしという記録も打ち立てました。

小説は現実的じゃないとイメージがわかないから楽しめないとか……言いたい方の気持ちは分からなくはありません。
ただ前に筆者側で現実的じゃないと……なんて言ってた人もいましたが現実の野球を果たして見てるのでしょうか?
私は作品を作る上で必ずしもその作品の現実のことを知る必要はないと思ってます。
これも前に経験者じゃなきゃどうのこうの……と言っていた人もいましたが言ってしまえばフィクションなんです。
作るものなんだからその人が思い通り作ってそれが楽しい、面白いのなら何が問題なのでしょうか?

要は楽しければ、面白ければいいと思うのです。

こだわりを持つのは勝手だとは思います。
私のこの意見も勝手な私だけの想いですから。

ただ現実的だの有り得ないだの四の五の言う前に目の前には絶対に無理と言われてきた記録たちが達成されてきてるのです。

そう考えるとプロで物語を作っている作家、漫画家さんは凄いなって思いますよね。
こういうファンやアンチの声もありつつ作ってるわけですから。


とまぁ、話を戻しまして上原は恐らく中継ぎ起用になるでしょう。
今シーズン、100勝100セーブ100ホールドの達成をぜひ見てみたい!

結論としましてはそれが言いたかっただけです(ぇ

ちなみにこの100勝100セーブ100ホールドですがメジャーまで範囲を広げたら……
知りませんが(マテ

軽く検索してみたらどうやら1人いるらしいです。

ホールド自体、勝ち星やセーブより新しい記録なので仕方ないですがメジャーでも1人しかいないのです。

当然、日本人では初になります。
上原浩治を語る上で様々な記録がありますし、引退後も語り継がれる名投手なのは間違いありませんがこの記録を達成したら上原の代名詞になると言えるでしょう。

改めておかえりなさい、上原浩治!


執筆の裏事情
という名のまぁ、愚痴なわけですが(マテ

執筆するのはいいのです。
設定を考えるのも楽しいのです。

でも苦痛のことが何個かあるんです。

そのせいで最初の公開が遅れるわけなのですが(ぇ

まず大変な順番に……

1・作品のバナー作り

バナー自体は正直、すぐ作れるのですがその土台の素材探しが疲れるのです。

2・作品ページの背景

壁紙素材探しが疲れるので(ry

3・固有アイコン探し

地味に疲れるというか変なこだわりが私にはありまして兄弟なら似てる、似てないはともかく(ん?
同じアイコンサイトのアイコンを使いたいっていうのがありまして、その関係でなかなか探すのに疲れるのです。

簡単に言えば執筆するだけならともかく、作品化するための準備が正直、あまり好きではないなーと(ぇ

レイアウト自体も作るの苦手ですがSSページの作品も増えてきたのでリニューアルも考えています。

……それが一番苦痛ではありますが見易い方がいいでしょうし、時間見つけてやる予定です。

まずは執筆を頑張るつもりですが!


では!


これ以上の出費は……
執筆用の居間のパソコンの調子が悪くなってきました……
本当に勘弁してほしいのですが(泣

ちょっと今年はパソコンを買う予算は流石に組めないので……
言うまでもなく車を買うので(..)

頼むから来年の夏まで頑張ってほしいものです。

最悪、部屋のノートパソコンはあるので執筆は続けられますが居間のパソコンは家族も使ってるので。
まぁ、管理とか全て私なので買うのは私になるのですが(苦笑

なんか今年は金銭的に良くない感じな始まりなので春以降は落ち着いてほしいものです。


拍手ありがとうございます!


では!


蒼の十字架31
「まず、翠と銀の国の特徴はご存知ですか?」

「翠が民主主義国家で銀が独裁国家」

独特の言い回しだが間違いではない。
しかし、漠然とし過ぎていてる上にハヤトからはそれ以上の言葉は出てきそうになかった。
それだけですか、と聞いたところで愚問のためルイは付け加えるように説明をし始めた。

「翠は自然が豊かな場所で作物や資材に関してはこの辺では一番、流通が盛んな国ですね」

「ふーん」

聞いてるんだか分からないが銀の説明もする。

「銀は先端技術が進んでいて鉄鋼などを加工して武器や乗り物などあらゆる開発が行われてますね」

「で、なんでその二国が争ってんの?やってること真逆じゃねぇか」

聞き流してたかと思ったら割と核心をついてきた。
確かに国柄だけで言えば対立する理由はないように思えるが。

「表向きには銀の先端技術を進めると翠の自然の資材が駄目になりやすいみたいなんです。だから翠が反抗しているわけですね」

「じゃあ、裏事情は?」

間髪入れずに今度はストレートに質問してきた。
そんなの国同士じゃよくある話でもあり、いくら銀の先端技術が進んでいても翠の資材が全くなくなっても銀だって困る。
ハヤトにだってそれぐらい分かったのだろう。
というかハヤトはやる気は皆無だが感性や頭などはむしろ優れている。

「これは噂の域なんですが銀のトップの一族がかつて二つに分裂して戦いがあったようです。その敗れた一族の方が新たに作った国家が翠と言われてまして」

「根深い因縁があるわけね」

「あくまで噂というか公表されてないですし、信憑性ないですけどね。」

「女狐とかなら掴んでないのか?」

「ナオナリさんとかは親しいみたいですが自分は話したことすらないですよ」

「あ、そうかい」


今後の予定(オフの方)
来年度から環境が変わると書いてきましたがそのために3月は割と時間があるんです。

引き継ぎとか自分がやれることをやればいいだけなので年度末の仕事が終われば本当にすることがないんです。

その年度末のも引き継ぎの人に教える関係で例年より早く着手したためすぐおわりそうですし……

その分、挨拶周りなどで時間は使いますが普通に働くよりは楽ですからね(ぇ

新年度の4月からGW前までは研修期間ということで色々、覚えることも多く大変になりそうなので3月中に趣味方面を頑張りたいなって思ってます(笑


では!


宗躍動!
これは1番センターは決まりか?

まさかのダークホースが現れました。

オリファンは誰もが近い将来、宗が出てくることを期待していたでしょう。

でもそれはショートとして……最悪、セカンドやサード(サードの声は多いですね)などあくまで内野手として。

確かに外野転向した方が結構な声が出てたほど守備は……

本格的にセンターをやるのか救済処置かは分かりませんが若干、緩和状態ながら飛び抜けた選手がいないのも事実。

なら宗に託すのもありかと。
打撃が伸びてる以上、使わない手はありません。

しかし、内野手がかなり手薄になりましたね……

大城も福田も守備に不安を残し、西野も上手くないし……

守備力で言えば宗が内野やってたって一緒といえば一緒ですが……大型内野手として期待してただけに少し残念ですが今年は1年間、1軍で結果を残してほしいです。

目指せ、田口壮!
現役で言うなら横浜の梶谷ですかね。

飛躍せよ、宗佑磨!


○○の部屋、現在・第21回公開
○○の部屋、現在・第21回公開しました。

ちょっと○○の部屋を書かなきゃいけなくなり、困ったことにネタがなかったのでちょっとした蒼の世界作品に関わるクイズってことでお試し回となりました。

多分、後、何回かやりますが最後の報酬が思いつかないので何か聞きたいことなどがあれば気軽に送ってもらえれば嬉しいです。

ツイッターでは先にお知らせしましたがQUARTET★DIVA、月の4がつく日付に何かしらの情報をツイートしてモーメントに追加するのでチェックしてみてください。
また、他に情報があればその日以外にもツイートはしていきますのでよろしくお願い致します。

今月は後はRestartと短編SS1個は更新できるように頑張ります。
Restartはアイさんのチェックする時間も必要なので早く書かなきゃいけませんしね。
いや、スゲー書いてるんですがもう終わってもいいのに長くなってるんです。
キャラの特徴が掴めてきたのか、大分キャラが動くようになりまして。
でも二木が空気になってるのは……ちょっと気にはなってます(マテ


ではではノシ



雪!(`Δ´)
今年、降りすぎです……!

朝から家の前を1時間、仕事場の駐車場で1時間以上の雪かきでもう体力ないんですけど……

流石に慰労からか本人が疲れたからか知りませんが早めの休憩で今、ブログを書いてるわけですが。

とりま、明日に○○の部屋を更新します。

事情があり、○○の部屋を少し多めに(月1個は最低……って希望を)書いていきますが作品の執筆もしっかり行っておりますのでご安心を。

ただ公開に至るまでちょっと準備もありまして。
バナー作ったり、ページ作ったり……それが面倒なのでとりあえず執筆はしてるんですがそっちをやってないのでまだちまちまと水面下作業になってる状態です(苦笑

聖剣伝説2のフルリメイクがかなり話題になってますね。
……いや、確かにスーファミ時代のバグは酷くて何度も泣いた。
でもそれでもスーファミで一番やったゲームは聖剣伝説2でした。

だからフルリメイクもかなり興味があったのですが……バグまで引き継がんでも良かったんじゃ……

いや、新たなバグなら百歩譲ってですが前のバグ引き継ぎ、新たなバグですからね。

そんなに聖剣伝説2はバグがつきもの、みたいなのは今の時代いらんですよ(..)

でもやっぱりやりたいなって思うので修正パッチなどその後の様子を見て検討します。

ちょっとお財布がね……Vitaのせいで……(T-T)


では!




Copyright © 蒼の世界-Ao no Sekai-. all rights reserved.