FC2ブログ
蒼の十字架42
切り出していいものか悩んだがサクが顔をあげた際にユウジが聞いた、ナオナリの聞けという視線を感じて仕方なく。

「えっと、何か心当たりが?」

何か、と聞くより切り込んでみた。
というか何かあるぐらいサクの反応で馬鹿でも分かる。

「多分、リノが見た女性は藍の人だ」

そもそもなぜ藍という言葉がキーワードになっているかがここら辺で紐解いていかなければならないのだが、その点について一番疎いユウジがそのことを聞いてみた。

「藍って結局、どういう場所なんですか?」

「そっからか」

ナオナリが若干、呆れたような声を出した。
ただ藍に関しては蒼の人間も知らない人間の方が多い。
名前ぐらいはって人も探すのも大変だろう。
大体、一般的に藍の区域内辺りには近づくなと言われているに過ぎず、その実態を知ろうとする者もいない。
いたとしても誰も知らないから話にならないし、知っている言わば蒼のお偉いさんと話す機会を持つものは少ないため、結局はほとんどの人はユウジ状態だ。
いや、ユウジは藍の名前を知っていたため、これでも分かっている分類に入るだろう。

「藍は元々、蒼の国の支配下だ」

「最も藍という国は存在はしてない。文面では一応は蒼の国の一部という扱いにはなっている」

ナオナリとサクが交互に説明をし始める。

「国ではない?」

「あぁ。蒼の一部の一族が独立し、あの一帯に自分たちの敷地を作り上げ、暮らしている」

「ただ、国と認められる基準を満たしてないうえにほぼ蒼の今の国王たちと仲違いで勝手に作った場所なだけに蒼であって蒼ではない。だから藍と別の呼称をつけたんだ」

「なるほど」

ユウジが二人の説明で納得しているがリノが不思議そうにナオナリを見ていた。
その視線に気づいたナオナリはリノが聞いてくる前に聞いた。

「なんだ女狐、俺にまで好意を持つなよ。今の状態でさえ俺はヤキモキしてるんだが」

「違うわよ!サクさんはともかく、なんでナオナリさんがそんなに詳しいの?」

「あん?女狐、知らないのか?」

「えっ?」

ナオナリが本当に意外そうな言葉にサクが続いた。

「ナオナリは藍の出身だからな」

「出身って言い方もおかしいですけどね」

「えっ!?ナオナリさん、藍の出なの?」

「なんだ、女狐。本当に知らなかったのか?」

「私、情報を集めるのが仕事だけど知り合いの過去とか素性とかは私の意志では調べないからね」

「じゃあ、ナオナリが行けばいいわけか?」

「アホ言うな、ユウジ。なんで藍が蒼から言わば独立的なことをしたと思ってるんだ。その藍から出て蒼の兵士をやってる俺が藍に言ったら門前払いか二度と出られないように拘束されるわ」

「そんなにおっかない人の集まりなのか?」

「全員がそうではないが俺の実力で少しは分かるだろ?」

ナオナリの実力が基準にされたら本当にただのおっかない人の集まりでは過ぎないが、やはり一筋縄ではいかないようだ。

「とにかくいる場所が分かった以上は行くしかない!」

勢いよく立ち上がるサクをナオナリとリノが速攻で止め、抑える。
一連の行動の三人のそれぞれの速さにユウジは呆れるほかなかった。




Copyright © 蒼の世界-Ao no Sekai-. all rights reserved.