FC2ブログ
蒼の十字架41
「あとね……」

「まだあるの?」

つい、ユウジの目が細くなった。
そりゃ、次々と情報が出るのはいいが解決に向かわなければ意味がない。

「一人じゃなかったの」

ユウジとナオナリが固まった。
ちなみに先ほどから発言してないサクは拳を握りしめてみんなの話を聞いていた。
言いたいことなどはあるみたいだが必死に自我を保ち、抑えて今の情報を整理していた。
だがもう我慢の限界だったみたいだ。

「だ、誰と一緒だったんだ?」

口調というかサク本来の喋り方を維持はしていたが表情はもはや何とも言えなかった。
三人はサクさん、物凄く必死だな……とかなり同情していた。

「女性だったわ。私は知らない人だったし、少なくても蒼の人間ではないというのは断言してもいいわ」

「まぁ、リノなら蒼の人間は分かるだろうしな。リノでも分からないとなるとそれもまた不思議だな」

ユウジの発言はリノの情報通としての職業柄というのも意味している。
しかし、ナオナリは別のところが引っ掛かった。

「なぁ、何で相手は女性って分かったんだ?」

「いや、見れば性別くらい分かるだろ」

ユウジの言葉にナオナリはすぐに反論した。

「だって王子は仮面してたんだろ?その相手はしてなかったのか?」

ナオナリの言葉にユウジも納得した。
流石に考えや話の要所を抑えるのが上手い。

「その相手は仮面はしてなかったわ。でも目の辺りは隠してた」

「じゃあ、リノが女性と判断したのは?」

「背丈が低かったのもあるけと一番は口元ね。特徴的なやや青に近い太陽の光で光ってたのが印象的だったわ」

「なんだって!?」

リノの女性の説明に強く反応したのはサクだった。
正直、ユウジもナオナリもそしてリノも今の情報で何がサクに引っかかったのか分からなかったがサクは大声を出した後に頭を抱えて呟いた。

「あのバカが……」

その声はか細かったが三人にはとても悲痛に響いたのだった。





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 蒼の世界-Ao no Sekai-. all rights reserved.