FC2ブログ
勝ち越したからOK、OKの楽天3連戦
水曜日が謎のデーゲームで見れてませんが楽天3連戦を振り返りたいと思います。

まず公示。

武田⇔千尋

水曜日、投げるために千尋を上げるために下げられたのは駿太ではなく武田でした。
やはり武田はあまり福良監督に好まれていないのか……
宮崎が当たっている今、より守備要員に近い存在の方が必要と判断したのか……
しかし、交流戦が待っている。
代打要員は多い方がいいのだが。
今の武田は確かに去年ほどではないが、だとしたらやはり光やマレーロの昇格(交流戦)では望まれる。


火曜日、アル先生。
完璧なテンポのいい精密機械なピッチング。
そのためか、打線も良く打つ、良く打つ。
アル先生の時だけ打線は活発。
別にアル先生だから3~4点でいいよって言いたいがそうではない。
アル先生のストライクを常に最初にとるピッチングが打線が打ちやすいリズムを作っているのだと思う。
元々、木曜日に投げていたのに中5日を続けて火曜日に移ったアル先生だがそれでも変わらぬ安定感。
本当に頼もしい左腕がオリックスのローテーションに入ってくれました。



水曜日、千尋。
残念ながらピッチングは見れてませんが内容はかなり上々だったようで。
2軍に落ちて自分を見つめ直すキッカケ、リフレッシュにはなったのでしょう。
何より、エラーが続いた後に点を取られたら野手が落ち込む、的な発言をしたらしく、千尋がオリックスのエースと呼ばれてる所以が出てきましたね。
成績を残してきたからではありません。
負け癖のついたオリックスにおいて勝利を求めた発言、自身への厳しい言葉、チーム、野手への感謝、全ての発言が成績に乗っかったため、千尋はエースと呼ばれるようになりました。
年俸的な話はあまりしたくはありませんが5億の右腕はまだ死んではいない。
まだまだ挽回出来る。
後半、持ち前のスタミナと多彩な変化球でフル回転で優勝に導けば5月下旬で初勝利だったなんてこと、誰も9月には覚えてはいない。


木曜日、西。
もちろん、今日も悪くはなかった。
悪くはなかったが西だから言う。
今日はダメ。
それは相手がエース級である岸だったから。
今の打線が点を取れないのは分かっているはず。
相手が岸ならそれはなおさら。
今年、開幕投手を務め、エース格ではなく、エースとなるのであれば今日の試合、先制点は絶対にあげてはいけなかった。
これは西だから言う言葉。
点を取ってもらえないから勝てない→打線のいい球団にFAだ。
まぁ、それは構いません。
FAはプロ野球選手が持てる唯一の権利とも言えますから。
でも他球団に移って活躍するならこそ、今日のようなピッチングでは他球団ファンはもっと許してはくれないでしょう。
もちろん、西には残ってもらいたいです。
千尋から西へ、オリックスのエースの移り変わりを見て、西にはタイトルを獲って優勝に導いてほしい。
だからこそ……だからこそ、今日のピッチングは悪くはないが……残念と言わざるを得なかった。


野手。

宮崎が絶好調。
宗には本当にこうなってもらいたい。
いや、ポテンシャルは宮崎には悪いがこれ以上になり、タイトルをも狙える逸材なのが宗。
だからこそ、宗と宮崎には1軍で一緒にプレイをしてもらいたい。
色々、得るものが多いはずだ。

そして宮崎はなぜか早々に降ろされる(守備が原因なのだろうけど
だがその代わりに出る守備要員の小田もバットが振れている。
だからこそ、宮崎が悪いと判断したり、もう守備を固めようと思ったらすぐに小田を出せる。

宮崎のみでは守備が不安。
小田のみでは1番スタメンで結果を出してくれるか半信半疑。

だからこその今の起用。
これは今ははまってる。
だから何も言わない。

キャッチャーでは打撃のいい伏見を残してっていう起用になっているがセンターに限っては逆をやっている。
それはやはり、小田へのここ1番の信頼感なのだろう。
福良監督はある意味、期待している選手と……っていうのが分かりやすく、いいのか悪いのかは置いといて……期待されてる選手はしっかりと感じて期待に応えてほしい。
明らかに俺は……って選手は少ない出番でも結果を出して見返せ。
オリックスは選手層が薄い。
何かキッカケがあれば使わざるを得ないチームなのだ。
だからそのチャンスがまわってきたら結果を残せばいいだけ。
それがある意味、プロ。

今、それが出来ているのが宮崎であり、出来なかったのが光だと思う。
オープン戦のままいけば今も光が1軍にいた。
だがシーズンが始まって光は落ちてしまった。
元々、首脳陣と明らかに溝のある光が今、いい感じに回っているキャッチャー陣を変えるほど首脳陣もバカではないだろう。
しかし、光は2軍で3割強の打率を残して4番に座っている場合じゃない。
ルーキーで高打率を残し、3番に定着している西村の教材になってるかもしれないが、それは山崎勝と入れ替わってやってもらえと言いたい。
早く上がってこい、光。


後は西野は当たっているのはいいものの、代走・福田→そのままサードへって試合を見ました。
確かに西野は守備が悪い。
だが足は速い。
福田の方が速いかもしれないが別に代走から出す必要があったのかっていうのは若干の不思議さがありました。
(千尋の試合だったので見てないのでケガというか違和感があっての代走かもしれませんが翌日出てたので大事には至らなかったのですかね?)

しかし、より違和感があったのはサード福田。
その試合、セカンドは大城が守ってました。
山足が出てたらサードに大城です。
(オープン戦当初はサード山足でしたがセカンドの座を掴みとりました)

だけど福田はよりサードよりはセカンドよりの選手と印象ですがこの試合ではそのままサードに入り、大城がセカンドをやりました。
これは福田のサードを試したのか、単純に大城のセカンドの守備力を取ったのか?
しかし、それで言うと山足と大城の守備力は山足の方が高いと福良監督は見ているのか?
これは今後、試合を見ていっての起用法によるんでしょうけど、でもやっぱり交流戦が始まるからこそ打撃要員は増やした方がいいと思うんですけどね。
まぁ、ここに縞田や鈴木昴、小島がいないってだけでもいいかと思わなきゃダメなのでしょうけど(マテ


明日は予想通り、松葉。
誰が下がるかは分かりませんが野手なら筆頭は駿太、次いで福田、山足のどっちかでしょうけどここは残す気がします。
むしろ投手で結局、斎藤綱を落とすんじゃねーかなって思ってますけどね。
大事な金曜日の初戦。
先週の複雑日程のせいで西が木曜日に移ったため、表ローテの1戦目がローテの谷間になり、松葉となりました。
相手はロッテのエース涌井。

松葉は究極のギャンブラー。
勝ち運と負け運を両方、高い位置で兼ね揃えた恐ろしいピッチャーだ(ぇ
だが、松葉が誇れるのが1つある。
高いクオリティースターター率。
つまり9回は投げられないが6回を3失点にまとめる能力はあるのは認める。
だからこそ涌井だが……打線が助けなければいけない試合が明日だ。

明日勝てば3連勝も本当に見えてくる。
勝ち越せばOKではあるが山岡のちょっとした不安さ、そして田嶋にそこまでの負担をかけたくないという点を考えると初戦はやっぱり欲しい。

このブログではあまり褒めてはいないし、トレード要員に名をあげるぐらいだが期待の裏返しと思ってほしいかなっと。

さっきの福良監督のくだりじゃないが、これは松葉にとってチャンス。
不本意な(というか明らかに向いてない)中継ぎで使われ打たれて即2軍で始まった今シーズン、オリックスの左腕エースはアル先生でも田嶋でもない、9勝をあげた実績のある、この俺、松葉だっていうピッチングを見せてほしい。


ではではノシ





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 蒼の世界-Ao no Sekai-. all rights reserved.