FC2ブログ
これが4年越しのオリの意地、広島3連戦
さぁ、過去3年間、全く勝てなかった広島。
その広島相手に今季初の3タテ。
ヤクルトに負け越したことで失速を懸念したがより一層の勢いをつけてくれました。

その立役者は言うまでもなく……
の話は後にして公示から。

・水曜日
アル先生⇔岸田様

先発を終えて1週間空くことからアル先生を1度下げてようやくの岸田様の初昇格。
木曜日の9回は岸田様で良かった気がするけど……それは後ほど。

・木曜日
マレーロ⇔ナカジ

復帰後すぐに結果は残したもののやっぱり率が上がらずマレーロとナカジを入れ替えました。
これは仕方ない……気もするがマレーロはすぐ下げてロメロは我慢する。
契約上の問題か、3年契約を結んだロメロへの色々あるのか?
まぁ、ロメロも超緩やかに上がってきてる気がするのでまぁいいか(ぇ


火曜日、アル先生。
まず、アル先生にそれこそ3年契約を結べ、今すぐに。
絶対に他球団に渡すな。

ストレートが抜群に速いわけじゃない、大きく曲がる変化球があるわけじゃない。
でもコントロールの良さ。
ポンポンとストライクを取っていくテンポの良さ。
もちろん、単に速さ、曲がるではなくキレはあるからこそだがこれこそオリックスが待ち望んだピッチャーではないか?
しかも左で。
松葉もさちやもいいお手本にしろと本気で思う。

長いイニングを投げる必要は全くない。
6~7回をしっかりQSをするというまさにアメリカのピッチャー。
しかし、オリックスにはこの安定感が必要だった。
流石はメジャーで9勝をあげてきただけはあると今でこそ言えます。
メジャーに帰りたい場合はもちろん快く送り出しますが、オリックスでディクのように長く所属して左ピッチャーが全く育たないオリックスの先生になってほしい。


水曜日、山岡。
……代わりがいれば一旦2軍かなー……
ちょっと悪すぎる。
勝てない焦りか、アル先生とは別の意味で簡単にストライクで勝負に行きすぎ。

しかし、この日はその山岡を勝てない時期に全く援護できなかった打線が助けた。

出来るならやれ(マテ

これで山岡も少しは気を楽にしてほしいものですがね……


木曜日、千尋。
松山、新井の2発はご愛嬌というかまぁ、今の千尋かなって思っちゃいますがそれまでは西にまだエースは俺だ、と言わんばかりのピッチング。
もう千尋に完投を目指すイニングイーターになってもらう必要はないですかね、年齢的にも。
千尋はアル先生同様にQSで勝ち星を伸ばしてほしいです。


そしてこの3連勝の立役者、ピッチャー陣は間違いなく中継ぎ陣。
これは全体に言えます。
強かった(一応、あったでしょ? Aクラスに入ったのが何回か)時期の中継ぎ陣に匹敵する布陣になってきました。
黒木、近藤の復調も大きい。
一将が安定してどこでも投げてくれる安心感。
リーサルウエポンの比嘉ぴょんの切り札的存在(なんか3イニングだか投げてた気がするけど……投げれるならいいんだけど)
そして守護神として来てくれた増井の存在感は自分が思っていた以上に大きかった。

ただこの中継ぎ陣が奮起するキッカケは間違いなく、高卒2年目の山本由伸が8回の男になったことだろう。

これによって本来の中継ぎ陣(特に黒木、近藤)は間違いなく、何かを思ったはず。

でもその由伸だが疲れか、ちょっとランナーを出すのが目立ってきた。
当たり前だがシーズンを中継ぎ、しかもセットアッパーで投げたことがないのだからそれこそ黒木や近藤、いる間は岸田様とかがしっかりケアをしてほしい。

一将は今のポジションにいてくれるからこそオリックス投手陣の全体の安定感があるのですが、一将のポジションにディクが入ってくれるのであれば山岡の代わりに一将をローテに入れたいかな……?

でもここは今シーズン下手に動かしたくはないし、今度は山岡、西辺りの先発陣の奮起に期待ですかね。

ディクが抜けた1枠をさちやがこのまま奪うのか?
他の選手(いないけど)が獲りに行くのか?
ここも注目どころ。


野手ではこのカードで目立ったのは間違いなく大城だろう。
ヤクルト戦のライトへのホームランをキッカケに何かを掴んだのかホームラン連発。
小技を磨き、二遊間、サード、センターをこなすオールラウンドプレイヤーからピリリと辛い意外性を持つ男へと変貌を遂げようとしております。
セカンドは福田が奪いかけたように見えましたがここで大城が出てくるとは……
背番号10をつけた男はここで開花の時期を迎えるのか?
谷、大引という偉大な先輩に近づくために大城の今シーズンが問われます。

毎度書いてるのでもういいですが正尚はもう完全に頼りになりますね。
ホームランの打ち損じがヒットといった感じの正尚。
もはや4番に座っていますがもうそれでいいかなって感じですね(笑

ロメロも一応、この節では率は高かったです。
ちょっと外野を黙らせる1発でも放って、オリックスにロメロありってところ次節でもお願いします。

Tも2発を打つなど上がってきてる……かはちょっと分かりませんがTは正尚と逆。
ヒットの延長がホームランのタイプ。
でもそのホームランの軌道は完全にホームランアーチスト。
だからみんな勘違いもするし、期待もしてしまう。
本来なら正尚と同じタイプでいいはずなのにイチローの言葉を借りるならば無駄に器用なバッター。
性格もそうだがもっと不器用でいい。
貪欲にランナーを返す……いや、ただ来たボールを叩け!
それだけでTの打球はスタンドへ消えていく。


マレーロの代わりに上がってきたナカジが2安打。
2軍でも打率はあんまり高くはなかったですがナカジは元々1軍の選手。
2軍の試合で結果が出ようが出まいが正直、どうでもいい。
ただナカジに足りなかったのは明らかな練習不足というか身体を動かすことだったと思います。

アメリカに行きまともに動けず帰ってきて体型にも驚き、動けるの?
と素人ながらに思いましたが年々、絞れてきて明らかに変わっては来ましたが2軍に行き、やっぱり動いたのでしょう。
キレが違いました。
契約上というか中島というネーム的にそりゃ使わざるを得ないでしょうけど巨人の上原とかも思いますけどやっぱりキャンプって大事だと思いましたし、身体を戻してから使っても良かったんじゃねーかなって今更ながらに思いましたが今シーズンこのまま打ってくれれば問題ないです。
小谷野との併用って言いながら小谷野孤軍奮闘状態なので西野と上手くカバーして小谷野の負担を減らしてください。
小谷野不用説を唱える人も多いですが、オリックスのここ1番のバッティングを出来る選手は限られますし、ケースバッティングが上手い小谷野がベンチに控えてるというのは大きいと思いますので、そういう意味でも西野がまずしっかりサードで出て、小谷野を大事な場面で使うって流れにしないとアカンぞ、西野?(ぇ


といった感じに期待の中軸はちょっとずつですが結果を出してきました。
後は日替わりの脇を固める選手たち。

特に1番、2番の固定を解説者たちは言いますがそんなん出来たらオリックスは優勝しとる(ぇ

とりあえず、得意の打ってるやつをその日使う戦法でいいと思うんですよね。
だから宮崎をあげr(ry

でも武田も今日は良い守備もあり、打撃も去年のしぶとさという食らいつくバッティングをしていたのでもう少し様子見たいですね。
……だけど武田は1番タイプではないんだよな(苦笑

となると西村、小田の併用。
2番は覚醒するかどうかの大城。

となるのでしょうけど……

サード西野が1番で固定すれば1番いいんじゃねーかなって本気で思うのですが、今のままじゃ多分ないので(ぇ

大城サードで福田をセカンド。
いっそ、大城の覚醒を信じて1番福田を試すのもありかと。

下位に安達、西村(小田)と足のある選手を置けば福田の繋ぎと大城の……が生きると思いますし。

正尚たちがもちろん打つのが前提ですが、今のオリックス、由伸が疲れを見せ始め梅雨に時期。
ここは打線が引っ張るべき。

リーダー番号である『10』をつけた大城がここで花開くのか、明日からの横浜(確か)戦に期待しましょう。
左が来るはずなんで右の大城の出番が多いでしょうから。



ではではノシ







管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 蒼の世界-Ao no Sekai-. all rights reserved.