上々の交流戦の締め、横浜3連戦
残念ながら交流戦優勝とはなりませんでしたが、先を見ればヤクルトがここで日ハムに勝ってくれたことは純粋に喜ぶべきことだろう。
もちろん、勝ち癖をつけたいオリックスとしては交流戦と言えど『優勝』と、勝ったという事実が更にチームを強くしてくれると思いましたが、今の状態が続けばパリーグ相手とも戦っていけるでしょう。
贅沢を言えばもっと打てですけど(ぇ

では横浜戦の公示から。

・金曜日
千尋⇔山足

先発を終えた千尋に代わっての野手補充は山足でした。
早いご帰還で(ぇ
2軍では割とショートで出場していた山足、本職がショートの福田より意外と安達の緊急時はショート山足が見れるかもですね。
(真っ先に大城でしょうけど)


・日曜日
ディク、小田⇔宗

先発を終えたディクの代わりに野手補充はなく、小田と宗の入れ替え。
小田なんかしたのかって思ったら骨折って……
足が使えて、ここ1番の勝負強さが光っていた野手の切り札になりつつあり、1番センターの筆頭にもなりそうだった小田がここで離脱は痛い……
代わりに宗が再び上がってきましたけど2軍で別に打ってないし、小田と同じ左の外野手ってだけで上げたのなら、おいって思いますがまぁ、宗の成長に賭けて頑張ってもらいましょう。
とりあえず、宗が小田にはなれないので小田の役目を誰かが果たさなきゃなりません。
足では山足や福田(同時スタメンはまずないでしょうから)がやれるかもですが、問題は打つ方。
ナカジ、小谷野、Tが同時起用も今のところあまりなく、西野もスタメン率が少ないのでまぁ、彼ら4人の誰かが試合ごとにやってくれることを願うだけですが……
Tと西野はスタメンで出ろよってツッコミたくなりますね(苦笑


金曜日、西。
西と東のまぁ、マスコミがネタにしやすい対決となりましたが、投手戦を覚悟しましたが、流石の西でしたね。
ただ12奪三振と明らかに西らしくは『ない』ピッチングに8回に20球以上投じてしまい、今シーズンのチーム初完投を逃して9回は黒木に託しましたが……黒木が乱調で結局、増井投入。
セーブシチュエーションとなり、抑えてくれましたがまずなぜこの点差で黒木?
っていうのも疑問ですし、まず黒木も黒木で抑えろよって話。
もうほんと、8回の男を由伸に任せたままでいいのかって。
本来はお前のポジションなんだぞっと。
個人的には由伸は先発に将来的にまわってほしいので黒木の復調、そして更なる成長は欠かせないわけです。


土曜日、ディク。
さちやかなっと思いましたがディクにチャンスを与えましたね。
その期待に応え、見事なピッチング。
まぁ、対戦の少ないセリーグ球団というのもあるでしょうけどディクがコメントしてましたが『ツーシームが良かったらナックルカーブもいきた』と。
そうなんですよ、それだよ、若月くん(ぇ
パリーグ相手でもそれでいい、そのピッチングをしてくれれば十分です。

んで、0-0の場合、基本的に投手がいいって褒めるしかないと思ってるのでそりゃ点取れない野手が悪いんですけど……

近藤――ッ!(マテ

黒木のところでも書きましたけどお前も本来、8回の男になってほしい投手。
高卒2年目にポジション取られて延長で投げて打たれるんじゃないと。
大体、一将→由伸→増井と繋いで次、あなたを指名したベンチ、首脳陣の期待を綺麗に裏切る先頭のフォアボール。

今日の岸田様みたいに先頭にフォアを与えるぐらいならワンヒットの方がいいっていう考え方を持たんと。
ましてや近藤は球威があるんだから、もっと大胆にいってほしい。
ただランナーを出したらそこは気をつけろ。
えいやって投げてスリーベースはあり得ない。

というわけでこの日の負けはちょっと大きいというか引き分けには持ち込めた試合だけに近藤の意識の低さにガッカリですかね。
まぁ、糧にしてください、というかしろ(マテ


日曜日、田嶋。
先週のヤクルト戦、雨の中でリズムを崩した感じでしたが、今日は完全に修正。
7回迎えた時点で100球いってない田嶋は私の感覚では初(ぇ
1度負けた時もそうだったが次の試合で修正する能力の高さ(出来る時は試合中にやる)はそれこそ近藤よ、見習えですね。
タイプは違えどアル先生がいい影響を与えてるのか、田嶋が持ってるポテンシャルなのか……
どちらにせよ頼もしいドラ1左腕です。
(松葉、さちや、見てるか?(マテ


野手。

期待していた大城はやはり左投手ということであまり目立たず(苦笑

この3連戦で目立ったのは印象ではナカジと武田ですかね。
マレーロという大砲を失い、ロメロもやっぱりいまいち……の中で2軍から来たオリックスの刺客。
ただ、ナカジを使うのは率は上がるが、やはり1発の脅威はどう考えてもマレーロよりは落ちる。
という意味ではTを使ってほしいんですがね……

というか第2戦。
Tというカードを取っておきながら使うべき場面が何回かあったのに切らなかった。
明らかに勝負の仕掛けどころを間違えた……というかそもそも勝負にいってない(汗

代走、福田の場面で1死から送りバントもそう。
ノーアウトならバントでしょう。
2死2塁で小谷野、小田と控えててまぁ、分からんでもないけど……
9回裏、デッドボールでもらったランナー。
代走、福田。
福田の度胸の良さを考えても盗塁を仕掛けても良かったと思います。

まぁ、まだこっちはいいでしょう(小谷野、小田と続くので)

10回。
西野出塁、またバント。
1死2塁、バッター大城。

確かに大城は好調だったし、私もこのカード期待はしてました。

が、控えにはTがまだ残っていたはずです。

なぜここでTというカードを切らなかったのか?

出して敬遠されてロメロ勝負を嫌ったのか?
1死2塁、どっちにしろロメロにはまわってくる。
考えようによってはロメロと大城なら大城の方が打つとベンチは思っていたと考えられてしまいます。

大城が好調だろうと、ここでTを切らなきゃスタメン落ちをさせている意味が本当にないと思いました。

ということで2戦目は近藤を完全に責めてしまいましたが、そもそも采配がどうだったんだっていうのが最大にありますね。


3戦目は最近のオリックスの特徴である途中出場選手が結果を出すパターンでダメ押ししましたが、先制点も武田は見事でしたね。
ナカジ、安達でチャンスを作り、武田が還す。
早い回の得点に田嶋も楽だったでしょうね。


さて、交流戦を終えてシーズンに戻ります。

優勝こそ逃しましたがなんかMVPはうちからっぽい(ルールがよく分からないけど)ですし、賞金もヤクルトより入るとか何とか……?
まぁ、悪くないどころか状況気流に乗らせてもらった交流戦でしたね。

ちなみにMVPは……正尚か増井かな?
でも交流戦で負けた覚えのないアル先生も可能性でいうと高いかも。

交流戦のMVPって野手と投手、どっちが有利なんですかね?
でも正尚、ホームランが思ったより出てないし、増井かアル先生の2択で選ぶなら……アル先生かな?



ではではノシ







管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 蒼の世界-Ao no Sekai-. all rights reserved.