FC2ブログ
蒼の十字架44
「まぁ、真面目な話、リノだけ行って王子と接触したらリノの職業柄、藍も蒼が何か仕掛けてくると思うかも知れないだろ?だから、蒼の人間も着いていく必要はある」 

「最初からそれ言いなさいよ……」

「いや、俺が蒼の人間なんて証明出来ないだろ?」

「藍に入れた時点でそうだから」

「は?」

「あそこ、特別な魔術を使うお方がいてな。他国の人を入れない結界……簡単に言えば見えない壁を作ってるから」

「凄い人がいるもんだな……ん?じゃあ、逆にリノって入れるのか?」

「私は許可もらってるからね。関所で手続きは必要だけど」

「なるほどね」

「さて、いいか?今日の段取りをまとめるぞ。もう昼過ぎてるんだ」

ユウジの質問がまるで時間の無駄だったと言わんばかりにナオナリが話を戻し、進めた。

「俺は猟兵の一件があるから城から離れられないだろう。逆に言えば常に俺は城にいるってことだ」

「つまり、なんかあったら連絡しろってことね」

「そういうこと。サクさんは忙しいだろうからな」

ナオナリの発言にサクはすぐに否定を入れ、リノに頼み込んだ。

「待て、リノ!俺にまず連絡しろ!何かあったらすぐ駆けつける!」

真剣な表情で言われてリノは戸惑いつつ、ちょっと嬉しい気持ちがわいていた。
確かにセリフだけ聞けば女性は勘違いする。
もちろん、リノは勘違いはしてないし、サクの発言の本心も分かっていてだが。

「いや、サクさん……そんなサクさんに直にやり取りなんて便利なこと出来ませんから」

「一応、サクさんの地位的には宛てにすれば出来るけどな。サクさんは城に帰ったらそれどころじゃないはずだ」

ナオナリの指摘通り、サクが城に帰ったら、まず王子のことでの対応をして各部に連絡を取り仕切る。
更に翠に向かっている部隊とのやり取りなどやること、というかやらされることは数知れない。

「というわけで俺も何が出来るわけではないがなんかあったらそれなりのやつを送るから」

「それなりってハヤトいないんでしょ?ルイとか?」

「ルイもいない。一緒に行ってるから」

「バカじゃないの?危機感なさすぎじゃない。後、誰かいるっけ?」

「それだけ王子の見合いはうちにとっては重要だから」

リノが悪態をつくのでユウジがフォローする。
ナオナリはそれに対して適当に返事をしてこの場は解散となった。
もちろん、リノはナオナリの援護は期待しないことに決めたのは言うまでもないだろう。





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 蒼の世界-Ao no Sekai-. all rights reserved.