オリックス、誤審問題
えーっと……丸1週間、映像ニュースを見てないわけですが、オリックス対ホークス戦で起きた誤審問題はもちろん知っています。

そして全ての葬儀など終わった夜にニュースにその時の動画が上がっていたので見ました。

・結論
アホか(マテ


で、終わったら、意味がないのでちゃんと書きますが。

・問題1
なぜ審判がホークスの監督にリクエストするかを聞いている感じでベンチに行くのか?

オリックス側はもちろんですが打った中村晃選手も工藤監督もベンチのコーチとかもファールだなって感じの雰囲気でしたね。
中村選手なんて完全に悔しがってましたし、その様子を見て工藤監督やコーチたちも笑いながら、「まぁ、ファールか」ってなってたように見えました。
なのに審判が集まって球審がホークスベンチに行きました。
そこで工藤監督が?マークを浮かべながら、リクエスト要求サインを首をかしげながらやりました。
(恐らく、リクエストのことって逆に聞いたのでしょうね)

そしたら審判が工藤監督に説明をして、工藤監督も「じゃ、じゃあ……」みたいな感じでリクエストを要求したのかなっと。


・問題2
判定が覆る。

リクエストは確証が得て初めて覆る、これが確かルールのはずです。
普通に見てファールでした(まぁ、誤審と知ってて見たせいあるでしょう)
ですが、スロー再生(コマ送り)など、やってどこの確証を得たのかホームランに覆りました。

誤審と認め、発表した際にコマ送りの止める場所を間違えたとか言ってましたがなんの言い訳にもなりません。

誤審を防ぐためのリクエストで覆った判定が誤審じゃ今まで通りない方が審判の威厳はまだ保てます。


・問題3
審判が試合終了後に監督など立ち会わせて確認したのが審判団の1番の問題という発言。


いくらリクエストで覆った判定が最終的はジャッジ。

というのは理解できます。
じゃなければリクエストの意味がないし、審判の威厳もないということも分かります。

ただ、1番の問題ってそこか?

って本気で思います。

当然ながら1番の問題は誤審したことであって、確認しなければ今時のネット社会ではそれこそ同じぐらいの騒ぎになるでしょう。
まぁ、その結果、審判もNPBもその声は無視してってなるでしょうけど。


ここでオリックス側の要求がいくつかあるようですが大きく取り上げなければならないのは……

・ホームラン前のカウントからの再試合。

でしょう。

認められないのは分かりますし、そのような発表もされました。
オリックス側は再要求をするみたいですがこれに対して批判的な声も恐らくあるでしょう。

ただオリックスとしてはもちろんホークスとの大事な1戦ということもありますが、1度認められないであろうと分かっている要求をだし、却下され引き下がったら、それこそ要求する必要は正直なかった、となります。

意地と取られるかもしれませんが、これは一石投じなければならない問題だということでオリックスが立ち上がっているじゃないかと私は思っています。

ここで再試合要求ですが……そこでホークスが負けたらとかその辺を考える人もいるでしょう。
いっそ、引き分けにするとか、無効試合→1からの再試合とか色々な声が上がってますが、私が1番いいと思う形は以下です。

『中村晃選手のホームラン前のカウントから試合再試合。そのイニングのホークスの攻撃で得点したらホークスの勝ち、0で抑えたら引き分け』

ではないでしょうか?

試合は成立しているわけですし、その裏、オリックスは点を入れられてないわけですから、ここでオリックスが再度攻撃をするのはそれはそれでホークスファンも納得しがたいでしょう(ホークスファンの方々が結構、同情というか声が多いんですが)

なのでオリックスに攻撃権利は私はないと思うので、そこから再試合をしてホークスの攻撃を最終イニング、裏の攻撃の感覚でやるべきではないかと思ってます。

もちろん、そのような形でやるのは特例なのは分かりますが、45分で戦うサッカーとかラリー制で試合するスポーツと違って、場面で1度しっかり立て直してやれる唯一のスポーツであり、完全再現はもちろん無理にしろその時のシチュエーションを作るのは野球は正直、容易いことです。

だからこそ、今回はこれをすべきではないかと思ってます。


今回の一件はとにかく審判団の誤審なので完全に審判が悪いです。

審判室に行き、確認に行った福良監督、本部長も悪くありません。
そこを通して確認した審判もここはやってはいけないこととはいえうやむやにされるよりはいいです。

当然、リクエストを結果的に要求をした工藤監督や打った中村晃選手を責められる筋合いわけで。
工藤監督は聞かれたとはいえ使える当然の権利を主張しただけですし、打った中村選手ですら打った後の表情、そして判定が覆った後の表情というか口が完全に「え、マジ?」って言ってましたし、首をひねりながらベースを1週するのは逆に可哀想でした。
ヒーローインタビューでも素直に「ファールだと思った」と言う素直さ。
その後、マスコミたちはその工藤監督や中村選手にコメントを求める……ほんと日本のマスコミのこういうところが大嫌いです。
中村晃選手なんて完全に被害者と言ってもいいんじゃねーかなって思うほどです。
誤審弾後、○打席ぶりのヒットって今日見ましたが若干、引きずってたりするのかなって思っちゃいますよね。
中村選手に当然ですが全く罪はありません。
私の好きな選手でもあります、このままこれ以上の成績を収めてぜひオールスターに出てほしいです。


ただ、1つオリックスにも言いたいことがあります。

次の試合、負けたこと。

意地でも勝てよ、バカヤロー!

ここで誤審にも負けず、オリックスはこれをバネにして優勝するんだっていう気概を見せるべき試合で負けるなよっていうのは本気で言いたかったです。


まだまだ予断を許さないであろうこの誤審問題。

どうすれば皆が納得する結果になるか?

そんな答えは出るわけがないのですが明確に1つだけあります。

『オリックスが優勝すること』

優勝してしまえば笑い話になります。

1ゲーム差で負けてホークスが優勝したら、今回の1件は大きくまた言われるでしょう。
そうなったらホークスの関係者はファンだって気持ちよく喜べない人だって多いでしょう。

だからこそ、誰もが笑い話にするためにもオリックスが優勝するしかないのです。

そして笑い話の中で今回の審判団やNPBの対応を悪く言いましょう(ん?


ではではノシ










管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 蒼の世界-Ao no Sekai-. all rights reserved.