FC2ブログ
試合についてより、その他のことで、対ホークス
土曜日が雨で流れたため、ホークスとは1戦のみ。
そして大敗。
あの誤審以来、ホークスにはなんか力負けしてますね。
(元々、そんな勝ってないけど)


公示はもう登板予定のない山岡を抹消して山足が上がってきました。


日曜日、西。
QSを続けてきて、ホークス相手に唯一と言っていいほどまともに戦えるエースになってほしい男、西がノックアウト。
1点先制の場面は仕方ないとしてここで打たれてはいけないっていう場面で一番打たれてはいけない柳田に1発。
もうこれで正直、決まりでしたね。

今のホークスが支えているのは柳田であることはもちろん分かっていますが、個人的には恐ろしいことをしてくれると思ってるのが2番の中村晃選手の存在。

野球ファン誰もが中村晃はどの打順でも適応できる選手のイメージは持っており、工藤監督も公言しております。
そしてどの打順が1番合っているかというのは議論しようと思えば盛り上がる選手ではあるかと思いますが個人的には、やってほしいと思いつつ、オリックスファンとしてやめてくれって思っていたのが2番での起用でした。

今宮がケガで抜け、セカンドの選手も固定されてない中、工藤監督が下した決断は1番上林、2番中村、3番柳田という並び。
これは本当に先発投手にとっては初回からこの3人を相手にしなければならないという辛さ。
中村にはもう松田のフォロー(その前後を打ったり)、柳田をドンと4番に置いといてくれって本気で思います。


さて、ビハインドの中で近藤が投げ、ディクも中継ぎを経験。
これはもう言ってしまえば負けゲームとしては近藤が仕切り直し、ディクが点を取られたものの中継ぎ適正は正直、見せてくれたかなっと個人的には思っております。

残り2戦、火曜日と水曜日の楽天戦。
先発はアル先生と千尋でしょう。

中継ぎもフル回転(もうしてるけど)してここは2連勝をしなければならないことも考えると、奪三振、ゴロ双方で場面に応じて投げられる(リードをすれば)ディクの中継ぎ配置は結構重要だと思うので、ここはそのタクトを揮ってほしい。
もちろん空振りで言えば一将、ゴロや抑えるって点では比嘉ぴょんがいるが、一将は勝ちパターンで使ってほしいし、比嘉ぴょんはあまり使いすぎるとまだケガが怖いのでやはりリーサルウエポン。
となるとディクがこの2戦に後ろにいる(と信じてる)のは大きいと思うんですよね。

それに対してアル先生と千尋がしっかり投げてくれれば。

と、それ以上に打線よって話なんですがこれはもう現戦力では語ることが出来ないので続きの新戦力でのお話。


まず、投手で新外国人投手のローチ投手。
オリックス大好きパワーピッチャーかと思ったんですが(ストレートをやたら推す記事が多かったんで)
思った以上に球威より低めを制球に気をつかって投げている印象を見た動画だけからは見えました。
力で抑えにいこうとせずに日本のストライクゾーンに対応できればこれは意外とハマる可能性もあります。
何よりアル先生とタイプも何も違いますが日本に来る経緯が似ており(韓国だかで活躍できず、アメリカに戻り結果を出す)
ディクが技巧派ながらストレートも150出せるので日本での経験を伝えてほしいものです。

問題は枠なんですがとりあえず、マレーロいいかな(苦笑
でもそうするとファーストがいないっていう困った状態にもなるし、ロメロを抜いても外野もおらんっていう困った状態なのでここはほんと考えなきゃいけないんですが、現状においてアル先生はもちろん、ディクも外すのはちょっとなっていうのが個人的な想いです。

ただ今現在、深刻なのは打線と共に明らかに異常労働を強いられている中継ぎ陣。
それに対して元阪神の岩本輝投手を同時に獲得しました。

ケガでNPBを去ったようですが阪神時代(先発ですが)の成績、そして今季の独立リーグでの成績を見るにケガがしっかり治っていれば若いし、これは面白い存在。
リリーフ起用を考えているということなのでこれはオリックスのフロントに拍手を送りたいです。

岩本がはまってくれればローチが活躍する保証もないですし、ディクの調整にも出来るんでこれは期待したいですね。
つまりは外国人野手を2人体制を維持できることにもつながるので。


さて次はその野手なのですが、もはやトレードをするしかないと。
でも実績のある選手は取れないことを前提に岩本みたいに近い将来的に主力打者になり得る打者の獲得を目指しましょう。

打者で即戦力はほぼ無理ですし、外国人に目を向けてもこちらが欲しいポジション(主にサードかセンター)は向こうでも現状、不足がちかセンターはそれこそ期待の若手が多いでしょうから、こちらで探してもまぁ、現状意味がないかと。
(それこそ枠の問題もありますし)

なので欲しい選手を獲れる獲れないは置いといて……一応、獲れるかなっていう選手をあげてみます。

1:広島・堂林

1軍での実績という点では年齢的にもある方。
ポジション的にも使えなくはないところを守れるので欲しい存在ではあるが広島相手にあげられる選手がこちらにいないのが1番の問題(マテ
後は同じ広島では高橋大も魅力的ではあると思っている。


2:阪神・江越

本音を言えば中谷が欲しいが昨年、20本打っていて何だかんだ今、使われている中谷を出すわけがないと思うのでここは同タイプで結果を出せていない江越。
1番の魅力は高いレベルでセンターを守れること。
うちには似たタイプで杉本がいますが、オリックス大好きな内野どこでも守れます守備要員よりはこのタイプが被っていた方が個人的には魅力。
相手は阪神なので同じく貧打に困っているチームではありますが、投手を欲しがるチームなイメージでもあるのでこれは可能性がある気がします。


3:横浜・細川

絶対に獲れないであろうが、魅力はやっぱありますよね。
横浜の外野が高いレベルで争っていることから逆に梶谷クラスを狙えるのではないかっとも思っていますが(ぇ
横浜相手にトレードはやはり左投手でしょう(偏見
それか中継ぎはちょっと困ってる印象があるので相手がちょっとハードル高いですが、こちらもそれなりの選手を出せる相手とも言えるかなっと。


4:巨人・和田恋

2軍で今年、活躍をしているものの1軍では打てずにすぐに下に落とされる、巨人によくあるパターン。
それで開化したのが岡本ではありますが、出されたのが大田。
そして何より狙い目であるのは和田はドラ1ではないこと(2位だけど)
巨人も投手で困っている印象がありますし、ここはちょっと出血すればいけるかも。


外野手を主にピックアップはしておりますが、その中で言うのもなんですが……サードの西野もちょっと限界が見えるなって正直思います。
現状、サードはいないので(大城、もしくは山足でいいんですが)、西野でいいんですが、西野の師である平野だってセカンドとセンターを兼任していました。
ってことを考えると今のチーム事情でレフト・小島、センター・大城をしなければならないのであればレフト・西野は選択肢にいれるべき(今年とは言わないけど将来的に……)

サードに大城にして、センターには……いないなぁ(苦笑

と言うわけで今の打線は今の選手たちがもう2段階頑張るか、Tやナカジ、もう小谷野とかこの辺が復帰するか……光、宮崎、杉本、2軍で1軍の試合出て打ってくれそうなのはこの3名なのでこの3人が2軍で打ちまくって上がってきて起爆剤になるか。

もうこれしかないわけであって点…ただ、これらのどれもちょっと期待値が低いと考えると本当に夏場、投手陣頼みになる。

夏場は打者が頑張る時期に投手(中継ぎ)が頑張ったら、もうホークスとの優勝決定戦で負け2位に終わった年をどうしても思い出してしまう。

オールスターブレイクを機にシーズン中で出来る思い切った策に講じるのもここは上にあがるための1つの賭けではあると思います。

今のままでは良くても3位、CSに出れるか出れないかの争いになると思います。
それでいいのか?

否。

ここは勝負を賭けて、上を目指せる位置にいるからこそ、その賭けが失敗に終わり5位になったっていい。
とにかくオールスター明けの7月中に仕掛け、動き、試して、8月にそれが1つでも攻撃の形になることを願い、首脳陣は決断をしてほしいです。


では明日からは更新祭の予定です。

……タイトルね、何にしようかな(苦笑


ではではノシ





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 蒼の世界-Ao no Sekai-. all rights reserved.