Truth、第6章公開
さて、Truth、第6章公開しました。

新関対帝王、うちの作品では東京都のレベルは帝王が強いってイメージしかなかったと思うので(正直、そうなのですが(ぇ
流石にその東京を舞台にしているため、他の高校もって思ってましたが恐らく後は夏では西にはなりますが赤槻が出るぐらいでしょう(ぇ
むしろ、東京が舞台で盛り上がるのは別作品でありますし、世那らが所属していた……何とか学園は(ちょっとマテ
世那らが卒業して以降は目立った実績を上げてない状態なので。

まず、今回は大洞新がいかに凄いのかっていうのが伝わればOKな話でした。

そしてこれは覚えておいた方がジグパズでも楽しめるのでお楽しみに。



続いて雑談。
というかオリックス、前半戦ラストの楽天戦。

勝ったんであんまり愚痴りたくはないですが後半戦に向けて、ね?(ぇ

1:バントやめろ

2:守備固めやめろ

以上(マテ


まず、西野はスタメンで使いましょう。
左投手相手だから外す理由は現状ありません。

セカンド、センターはもう左右で代えていいので(大城すまんが頑張れ)、サードは西野で行きましょう。
って言いたいんですが後半戦は小谷野に加えて横浜から白崎が来るんで、使ってはほしいですがより、左右病に拍車がかかりそうですね。
まぁ、守備選手より打撃選手が1軍ベンチに控えてもらった方がいいのでここらは我慢しましょう。

しかし、無駄なバント多すぎ。

杉本出塁→安達送りバント→次は9番の山崎勝

伏見出塁→武田送りバント→次は駿太(ここも後述)


さぁ、この意味のない送りバントはなんでしょうねぇ……

駿太の方はタイムリーになったんでって言ってたら後半戦もバントオンリーの試合は続くのでほんとやめてほしい。
オープン戦はなんだったんだ?
シーズンでバント多用するための布石とでも言いたいのでしょうか?
逆だろ……
せめて同じく多用していたバスターをたまにはやってほしい。
ましてや1のケースはバスターでいい。
2のケースは武田に打たせろ。

オリックスの送りバントしていい条件は無死でバッターがキャッチャーと駿太など守備要員の時だけ。
(場合によっては福田などもありだが福田は打たせてもいい側)

っていう条件でいうと意外と送りバントが多くなるんだよな……(苦笑

もうキャッチャー以外は送るなで良い気がする。


後は守備固め。

杉本を4回で代える?
満塁ホームラン打ってるヒーローですよ?
肩も強いし、守備だって特別悪くないというかセンターだって守れる大型外野手。

このタイミングで駿太にする理由がさっぱり分からない。

昨日みたいに追いつかれていたらどうする気だった?

大いに叩かれていたことでしょう。

むしろ、追いつかれてしまえと思ってしまいましたが勝ち投手の権利は千尋だし、一将出てきちゃってるし、由伸も使ってるし……ってことでまぁ、負けを望むファンはいないわけで。

1億歩譲って杉本がショートで守れないのであればこの時点で安達に代える……なら分からなくもない。
が、全くそんな状況ではないので本当に理解できない。

バントの多用と早すぎる守備固め、そしてビハインドで仕掛けられない遅すぎる代打攻勢(守備固めが早いからと打撃要員がいないため)

これらを後半戦は改善しないと8月は本当に中継ぎ陣が死ぬだろう。

もし、乗り切って優勝したとしても来年、一将、由伸、増井は恐らく勤続疲労で結果を残せないだろう。

増井だって日ハム時代から投げている。
一将は先発、中継ぎ、先発、中継ぎと役割を変えられながら頑張ってる。
由伸は高卒2年目で初の1軍でフルで投げている状態。
疲労が残るに決まっている。
未来のエースを潰すな。


ということで福良の采配を変えるのは恐らく不可能なので打開策は1つ。

打線が打てばいいだけ。

正尚頼みの打線ではなく、送りバントした後の打者がしっかりタイムリーを打てば投手も助かる。
(福良がバントをより多用するだろうがもうこれは我慢しかないので野手、打者は本当に頼む)


さて、フレッシュオールスターのスタメンが発表されました。

1番で福田。
4番で西村。

いやー、オリックスの期待の若手が重要な打順に入りました。

さぁ、結果を残していざ1軍で更なる活躍を!


ではではノシ






管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 蒼の世界-Ao no Sekai-. all rights reserved.