FC2ブログ
蒼の十字架46
「ん~?でも中途半端に起きられたりしたら面倒じゃないですか~?」

「まぁねぇ」 

行動には引いていた王子だったがどっちかというと王子は基本、ノリはこうだから悪い気はしていなかった。

「それで、藍に行く気になったんですね~?」

「まぁ、ちょっと行かないわけにはいかない状況だろう」

「いっそ、藍にくればいいじゃないかですか~?」

「一応、俺の立場って蒼の王子だからね」

「だからこそ、藍にとっては嬉しいんですよ~?」

「それはそうだろうね」

マイペースが丸見えなこの女性に対して自由奔放と言われている王子もちょっとペースを崩されていた。

「ま、それはそれとして行きましょうか~?」

女性が先に抜け道から城の外に出て、王子は倒れているタイセイに文字の書いた紙を服の中に忍ばせ、女性の後に続いて外に出た。

「さ~て、私がここにいることバレたらメンド~だし、早く行きましょうか~」

「その前に買い物したいから、待ち合わせ場所決めないか?」

「その手には乗りませんよ~?私から逃げられると思って~?」

「いや、俺が藍に行くのは俺の意志。行く必要もあるしな。だから、必ず合流するから」

王子の言葉と目を見て女性は少し考えてから頷いた。

「ん、分かりました~。信用しましょう~」

そういって王子の両肩に手を置いて、なんか呟き出した。
王子は身体が何かに包まれた感覚を覚えた。

「今のはまじないです~。今日中に藍の敷地内に入らなければ王子の身体は凍りつきます」

「全く信用してねーじゃん」

王子は苦笑しつつ、待ち合わせ場所とある程度の時間を女性に告げて城下町へとおりていった。
女性は王子の言われた場所が若干分からなかったため、そこを探しに行くことにした。
しゃべり方からも分かる通り、間の抜けた性格みたいだ。





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 蒼の世界-Ao no Sekai-. all rights reserved.