FC2ブログ
24時間テレビについて
続、鬱中。

というわけで簡潔に。

24時間テレビの障害者の皆さんが何か出来なかったことをやり遂げることの感動とか……

分かりますけど……

みやぞんのトライアスロンとかもなんかマラソンだけだったら出来てしまうとか……

分かりますけど……


そんな上過ぎることを頑張ったところを見せられても、どうにも、やっぱりテレビに出てる人(選ばれた人)という感覚で見てしまうんですよね……

簡単に言うと何を視聴者に訴えたいのか最近良く分からない。

感動しますよ?
頑張ったって思いますけど、物凄いひねくれ者の私としてはもっと下というか、それこそ同じ障害者の人が自分もここまで出来るんだっていうのを見せなきゃ意味がないと思うんです。

健常者とか障害者っていう分け方はしたくはありませんが明確に分かれてしまっている以上、あえて言いますけど健常者までもここまで出来ない、凄いって感動させる……違くね?

これでは健常者と障害者の社会の溝が埋まるわけがありません。

申し訳ないですけど、ここまでやるのだってこの障害にとっては大変なことなんですよっていうのを伝える場に正直、してほしい。

なぜそこまで言うのかというと……

チャリティーマラソンのもそうだが、それこそ最近の24時間の傾向が迷走していると思ったので。

まぁ、それはテレビ全体にも言えることだし、そもそも24時間を今年ちゃんと見たかって言われたら、笑点しか見てない私が何も文句は言えないわけなのですがね(最悪


ではではノシ






管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 蒼の世界-Ao no Sekai-. all rights reserved.