FC2ブログ
12球団1番の1、2番コンビはどこだ!?
サイトリニューアルして蒼の世界はほぼ執筆をする小説サイトになったわけですが、まぁ、色々書いてはおりますが更新するまでにまだ至らず(ようはストックを作っているという状態)

なのでブログが完全に野球の話しかしてないのですが、まぁ元々野球ストーリーが多い蒼の世界なのでいいでしょう。

ということで今日のテーマは12球団の1、2番コンビで好きな球団、バランスのいいなと思うところをあげてみたいなっと。
ここでの注意事項は今日現在でまぁ、ここ最近このコンビが多いと思う組み合わせとまぁこの球団と言えばって感じで書いていきます。
実際のファンの方は『今、ちゃうどー』って方もいらっしゃるかと思いますがあくまでサスのイメージが含まれるということでよろしくお願いします。


>セリーグ

・広島
野間
菊池

田中、菊池の1、2番を解体し、野間を1番に据えている首位、広島。
個人的にはこっちの方がバランスはいいと思う。
ただ、田中の出塁率と打者タイプを考えると下位打線に置くのも勿体ないとも言えるので扱いに困るところだが
下位打線にも會澤、西川と打率の高い選手が並んでることからえげつない打順となってますね。


・ヤクルト
坂口
青木

序盤~中盤まで結構変わっていたヤクルトもここ最近は坂口、青木で固定。
青木2番は個人的にシーズン前から推奨していたのでここでハマってくれて嬉しい限り。
1番は山田かなっと思っていたのですがそれこそ坂口も1番でなければ生きないバッター。
謎の6番とか打ってた時期(オリックス時代もあったけど)を考えるとやはり坂口は1番かなっと。
盗塁こそ出来ないが長打が期待できる山田、バレンティンと続くだけにこの1、2番は強力。


・巨人
坂本
重信

シーズン序盤こそ吉川尚が2番セカンドではまっていたがケガで離脱。
坂本もいない間苦労していたがその間に重信が打撃で評価上昇。
ただ個人的に坂本は3番。
と考えると来季は重信、吉川尚の1、2番か?


・阪神
糸原
北條

一応、ここ最近はこの1、2番が多く感じるが左で併殺打が少ない糸原を2番に置きたいみたいだが……
どちらにせよどっちか足が使える選手の方がいいと思うんですけどね。
というかこれまたオリックス時代もあったけど糸井4番は個人的には正直ない。
なので
1番糸井
2番北條
3番糸原(2、3番はどっちでもいいけど)
4番福留
が個人的推し。
ただ、糸原にしろ北條にしろ金本監督が3番に置くとは思えないですね(大山は置くでしょうけど)


・横浜
大和
宮崎

ここ数日ですがとりあえずこの2人が続いている横浜。
明らかに今限りとしか思えない1、2番コンビなので論外(苦笑
最も多いイメージとしてはソトであり、梶谷なのだがこれはなぜか続いている8番ピッチャー、つまり9番に上位に繋げるバッターがいてこそなのだろうけど……
今の横浜で8番ピッチャーを続ける理由は謎ではあります。
順当に言えば桑原か神里が1番でしょうね(桑原は去年よりは1番らしくはなってますし、2番では間違いなくない)
2番はそれこそ大和や個人的にはまだ出来ると思ってるので田中浩を推したい。
ただ、若返りを計りたいですし柴田も使いたいところ。
それ以上に8番ピッチャーを続けたいなら、9番には石川でしょう。
そうすると2番はソトか梶谷。
これは好みですけど本当に自由に打ってたイメージはソトですが梶谷を置きたい。
……でも梶谷は率的に6~7番ですよね(クリーンナップを考えると)


・中日
平田
京田

率が上がってる平田が1番に座っておりますが……3番に大島がいるのを考えると大島、京田、平田ではダメなのでしょうか?
ただ、次上げる西武的に言うなら京田、大島、平田でもいい気もしますが京田の打撃指標の低さは少々気になるところ……
という意味では平田、大島の1、2番という思いっきりもアリではないかと。


>パリーグ

・西武
秋山
源田

最近は入れ替わっているが基本路線は秋山、源田だろう。
ただ、下位打線も強力な西武だからこそ2番に秋山を置くことで源田1番が2番の役割が多くなるという意図が凄い分かる。
(本当に1番として打席に立つのは初回のみですし、源田の率を考えると問題なし)
恐らく横浜はこれをしたいんでしょうけど……9番打者の残念さとDHがあるかないかっていうのがやはり大きいのかなっと。


・ホークス
牧原
今宮

ホークスも長らく1、2番が固定されていなかったがセカンド牧原が好調で固定されてからはこの形が多いですね。
長谷川、上林が下位にまわってることも考えると今宮、甲斐が並んでても問題ないと思うので……
牧原、中村晃の1、2番をかなり個人的趣味として推しておきます。


・日ハム
西川
大田

大田がケガ離脱中には松本が2番に入ったり、1番浅沼、2番西川というのも機能してましたが1番は西川固定じゃないかと。
という意味では2番大田というのは悪くないと思います。
西川の盗塁成功率と大田の長打力を考えると相手バッテリーも配球に気を遣うでしょうし。
右打者故に多少併殺打が多く、可能性も高くはなりますが現状の日ハム打線を考えると悪くはない。
ただ、強いて言うなら伸びてきた浅沼が使えないのだけが残念。
アルシアや清宮(はまだこれからの選手ですが)を使うならDHに近藤を置いて使いたいかなっと。
近藤がキャッチャー、セカンド、ショートのいずれかに再挑戦すればいいんじゃね?
とか本気で思ってるんですけど負傷しやすい選手なだけに無茶でしょうね。
浅沼が内野手ならと日ハムファンは思ってる方いるのではないかなっと。


・オリックス
福田
小田

多分、12球団一固定してないチーム(苦笑
ただ福田が1番で輝き始めているのでシーズン終了まで固定を。
小田は切り札的存在でもあるため、スタメン起用の回数が少ないのもあり強くも言えないのですが……
ここは福田、小田で固定してあげるのもありだとは思ってます。
西野が戻ってくれば1番推奨でしたが福田を見てると2番西野でもいいのかなっと思いつつ、福田と西野を天秤にかけたら2番西野は正直ない(ぇ
しかし、福田を2番にするとバントが増えそうなのでね……


・ロッテ
荻野
藤岡

荻野離脱後、岡を獲得して平沢とか固定できずにいるロッテ。
しかし荻野がいれば間違いなく1番固定(ケガ多いな……
問題は2番だが藤岡はよくやってると思うので問題はないのですが、何となくまだ2番?って思ってしまうのも事実。
申し訳ないけど下位に置けるほど打線も強くはない印象ではありますが中村が3番で固定出来ている今、角中の5番が個人的に物凄く勿体ないという印象。
ヤクルトの青木的感覚で2番角中の選択肢はないのかなっと。
(じゃあ5番どうするのって言われたら、もう安田でも置いとけと(マテ


・楽天
田中
西巻

今年、田中が台頭して茂木の1番の座を奪いました。
茂木が復調した後のことも考えてですが田中は1番、茂木は今の銀次的役割(3、5、6番辺り)にしたい。
という意味でも2番が重要。
西巻がこのまま定着出来れば大きい。
(個人的に茂木はセカンドかレフトへ移したい。本来のサード案もあるけどウィーラーはまだ見切るには早い……というか見切るならオリックスにくr(ry


ということで12球団の現状と個人的理想を書きましたけど現状の1、2番で判断して好きなのは

1:ヤクルト
2:西武
3:日ハム

ですかね。

個人的理想を含めていいのであれば

1:西武
2:ホークス
3:横浜

ですかね。

現実1位のヤクルトを外したのは坂口、青木は理想過ぎるのと西武に比べて高齢(マテ
という意味でも西武の2人はやはり強い。
そして中村晃を2番に据えれるならホークスも似たような形に出来る(牧原の成長は本当に大きい
横浜は選手自体は揃ってる分、色んな組み合わせも考えられる点では理想の形が多い……のでまずオーソドックスに戻った方がいいと思いますっていう余計なお世話を最後に今日は終わっておきます(ぇ


ではではノシ










管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 蒼の世界-Ao no Sekai-. all rights reserved.