FC2ブログ
作品紹介『ヒトナツの陰謀』
作品紹介第2弾!

今回はヒトナツシリーズと銘打ってこんなに書く予定は全くなかったのですが……
(というかヒトナツの絆でそもそも終わる予定でシリーズ化自体考えてはおらず)

まぁ、結果的に私の世界観、特に朝里関係からHEAVENに続くことを考えると大事なシリーズとなりました。

その中からヒトナツの陰謀を今回は紹介します。

主人公は本条駿輔を据えておりますがほぼほぼ漣初夜の話です。
単に私の作品のルール的なもので(いずれ破られる)、連載系で同じキャラを主人公にしないというのがあったので一応、本条にしました。
ヒトナツシリーズのプロ編、約束や後のGet pride and shineでも活躍するので。
(Get pride and shineはむしろ本条が御藤に比べて出てない印象だったので監督にしたんですけど(苦笑


初夜が朝里の当主になる話なのですが、どういう経緯でなったのか?
そしてMelody時代になってなぜ初夜は朝里でこのようなことを行っているのか?
ヒトナツの絆を書いたうえで初夜がなぜ変わっていったのか?
その表面に触れた感じです。

これより裏の話はHEAVENまでの作品でちょっとずつ判明していき、HEAVENとその後に執筆予定のヒトナツの真実で完全に判明します。
これはヒトナツの秘密や闇で泰夜や七海がクローズアップされていますがここらも完全に明らかになるので……朝里関係を気にしてくれている方は早く書けよっていうツッコミをしたいと思いますが、私も早く書きたいです(ぇ

初夜の変化を感じるにはヒトナツの絆も読んだ上でが望ましいですがまずヒトナツの陰謀を読んで頂ければMelody時代における初夜の性格は把握できるかと思います。

ぜひ、Melodyを読んでくれた方はヒトナツシリーズを、全部読むのは大変だと思うので絆→陰謀、もしくは陰謀をまず読むのをオススメします。

一応、どこから読んでも繋がる書き方をしていますし、どこから読んでもその作品も他作品も楽しめるのを目指してはおりますので。


ではではノシ








管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 蒼の世界-Ao no Sekai-. all rights reserved.