fc2ブログ
田嶋の力投実らず
やはり実力差があるのかホークスに2連敗。

でも選手個々の実力差というより、やはりここぞの点をとるべきポイントでホークスはとれてる印象が強いなと感じる。

ただオリックス側も憂いだけではない。
大城の初回の粘り、中川の長打からの得点。
伏見のキャッチャーとしての復活もやはり大きい。
正捕手は固定できた方がそりゃ強いがよほどでない限り2人はいるに越したことはない。
中川の外野起用は正直、反対派に近いのだが今年の大城のセカンドを見ていた序盤に、福田が帰ってきたらサードがやれるなら中川が外野やってるし選択肢は増えるか、と考えていたが今、そのオーダーをやっているし、これは現時点で最もいい形だと思う。

しかし、そろそろ杉本への言葉もちらほら聞こえてくるが……
1週間はせめて黙ってないかい?
杉本だって年間大した打席数を1軍で立ってないうえに長打何発かかっ飛ばして、率が低いからって2軍に落とされる。

首脳陣が辛抱出来ないのもあるけどオリファンは勝敗には凄く辛抱強く見守ってるのだから期待してる選手も少しぐらい打てなくても期待していようじゃないか。
その声に耐えられずに分からんけどフロントが現場にって可能性だってあるんだし。

中嶋監督代行がこの火中の栗を拾ってくれた状態で共に上がってきた杉本。
打てなきゃって気持ちも強いだろう。
でも日曜日ヒーローになったんだし、色んな思いや経験を得てる最中。
プロ年数?
いくらやってても1軍での経験、結果が直結してしまうのだから杉本がアーチをかけるのはこれから。

正尚が豪快なスイングで、Tはキレイな放物線で、ジョーンズが響き渡る打球音でホームランを打つが……
かつて放った杉本の右中間に放ったライナーでのホームランが忘れられない。
オリックスで40本打つのは杉本が近いと思ってる。
Tがタイトル獲った年を今一度ファンも思い出そう。

あの年は岡田監督もファンも我慢してTは徐々に頼れる存在になり、最終的に成績を残してタイトルを獲った。

中嶋監督代行だって今年変えるとしたら杉本であり、不振で2軍に来た中川の再生と考えているはず。

そしてここまで書いたら言いたいこと言うが佐野は代走で、とかも違うよね?
確かに打力は足りない。
でも杉本とか1度外すタイミングとかも来るかもしれない。
そこで佐野をスタメンにしたらきっと不満が飛ぶかもだが佐野だってレギュラーを狙ってる。
代走だけで出て打てるようになれも厳しい話だろう。
佐野には足がある。
スタメン時、割と内野安打を見る印象もあるし。
今日の牽制死だって経験でいいだろう。
まだ佐野も野手になって間もなく、しかしそれでいてオリックスのウィークポイントの盗塁のできる俊足野手になってるのだから。
(ほんと足は速いのに盗塁苦手な選手多いよな……)

悲観するのに慣れちゃってるのだから新しくなった今、明るくしようとしてるオリックス球団にファンもちょっと乗ってみようじゃないか。
文句言うのはその後からでも遅くはないだろう。
……今更(笑





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 蒼の世界-Ao no Sekai-. all rights reserved.